◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。

【今月のSMI雑感】

身体に同居する名医を活かし、コロナに対峙する  

 今、世界がコロナ騒動で混沌としている。コロナも自然の脅威とすれば、自然への畏怖を忘れた人間への警告ともとれる。SMIのクライアントとして何をすべきかと問い続けると、自分を、また、組織を変える良きチャンスと観ることができるようになる。

■人間の身体には『名医』が同居する。
 個人のレベルで、今回のコロナウイルスとどう向き合ったら良いのかを考えると、できるだけ感染を防ぐこと、そして万が一感染したときには重篤化しないようにすることだ。
 それには免疫力が鍵となる。免疫力は体内で分泌される酵素やホルモンによるといわれる。私はそれを、我々の体内にはそれらを調整し、味方とするための名医(潜在能力)が同居していると考えている。そして、その名医(潜在能力)に活発に行動してもらうにはどうしたら良いかを考え、実践していくことだ。

■体内の名医(潜在能力)は良き生活習慣で活性化する
 以前にこのSMI雑感で、現在のスポーツ界で成功するリーダーは必ず「生活力」の大切さを知り、チームとして実践していると書いた。この「生活力」とは、良き生活習慣を築くことである。今年の箱根駅伝で5度目の優勝を果たした青山学院の原監督は、監督に就任した当初、乱れていた学生の生活を徹底して正しい生活にすることから始めたと言われる。「生活習慣」を正していくことは、態度が変われば行動が代わり、行動が変われば、性格も変わる(心構えが変わる)ではあるが、正しい生活習慣によって、体内の免疫力が上がり、病気にならない身体を作ることにもなる。

 私は2年前より、ある経営者の話から学ばせていただき、毎晩9時過ぎ、10時過ぎとなっていた夕食を必ず8時前に済ませることにした。驚いたことにその生活が習慣となり始めた3ヶ月後には、毎朝必ずと言って良いほどあった逆流性の胃炎が全くなくなったのである。食事時間の習慣を1時間半変えただけで、体内の名医(潜在能力)が働き出し、全く薬の必要のない身体にしてくれた。

■体内に同居する名医(潜在能力)を喜ばせる実践
 体内の名医(潜在能力)を喜ばせるための活動はいたってSMI的である。

@積極的心構えで生活する
 積極的・肯定的な言葉の代表である「できる」といった言葉を使っていると、ノンアドレナリンやドーパミンというホルモンが出て、心身を高揚させ、免疫力が上がる。また、やる気を引き出す言葉を上手く使っているリーダーの部下は、テストステロンというやる気と関係するホルモンが良く出ているともいわれる。

A上機嫌に、そして笑顔で生活する
 昔の人は「笑う門には福来たる」と言い、笑って生活することの大切さを説いた。そして現代医学も笑うことと免疫力の関係を調査し研究し、笑って生活することが免疫力向上に大きな力を発揮することを証明している。
 1991年、吉本興業の「なんばグランド花月」での「笑いの実験」において、19人の被験者のうち7割以上の人にNK細胞の活性度と免疫システムの向上があったという実験結果が報告された。また1995年、日本医科大学の吉野槙一教授は、日本医科大学の吉野槙一教授は、病院に林家木久蔵師匠を招き、リウマチ患者に対する笑いの実験を行った。その結果、わずか1時間の落語で26人中22人に顕著な改善がみられた。中には、それから3週間も全く鎮痛剤がいらなかったという例もあったという。

B良き人間関係を保って、生きがいを持って生活する
 この世で一番のストレスは人間関係といわれる。逆にSMIでは「生きがいは人間関係によって生まれます」と説く。最新の科学の研究によって「見つめ合う、語り合う、触れ合う」と言うことで“心地よい”と感じるときに出る(幸せ)ホルモン、オキシトシンの分泌が促進されることが分かっている。
 コロナ騒動の渦中にあっては「語り合う」「触れ合う」は難しい。そこで「見つめ合う」というアイコンタクトを上手に使い、良き人間関係をつくり、免疫力を上げていきたいものである。

 そうしたことを総じて考えていくと、結局は、SMIが最終的な目的として定義しているトータル・パースンを目指した生活を送ること、となる。あらためてコロナ騒動にあって、トータル・パースン(全人格)を目指している人の日常生活はどういうものか、あらためて考えていきたいものだ。(SMI小杉) 2020/3/25


  ☆SMI雑感アーカイブス


ホーム・トップページへ