◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。

【今月のSMI雑感】

  『君子』は人の美を成す


 今期のビジネス塾で学んでいる「マネジメント」の 父と言われるドラッカーは、徹底して人の長所を伸ばし活用することがリーダーシップであると説く。
 「日本に来たドラッカー」(※山下宗一郎著)には、ドラッカーのその考えの徹底ぶりを語るエピソードがある。

 【ドラッカーが、コンサルティング先の会社の食堂で昼食を取っていた時のことだった。偶然、経営者の会話が聞こえてきた。その会話は、部下の至らない点についてだった。ドラッカーは、この人たちと仕事をするのはよそう、そう思った。ここでも、自分の体験を紹介しつつ、次のように語った。

 人の短所を挙げたところで何も始まらない。人は、長所を活かして初めて成果を上げることができる。多くの会社が行っている評価は、ただ人の欠点を挙げているだけだ。ある銀行の頭取は、幹部125名の名前が書かれた組織図を常に持ち歩いていた。その組織図を見せてもらうと、一人ひとりの名前と一緒に一人ひとりの優れている点が書かれていた。私は頭取に、「なぜその組織図には人の短所は書かれていないのですか?」と、あえて聞いてみた。頭取は、「欠点はみんなが言ってくるから、その人の優れているところさえ知っていればいい」と答えた。これが成果を上げる人のやり方だ。成果を上げる人は、人の欠点を取り上げない。人の欠点に目を塞いでいるということではない。成果を上げようと思えば、人の優れている点を生かすしかない。本来、組織の目的は、人の優れている点を発揮するためにある。】

■君子は人の美を成す
論語に「君子は人の美を成し、人の悪を成さず。」(※成功する善きリーダーは人の長所と美点を見つけ出し、それを伸ばし、大成させていくものだ)とある。これは2500年前に孔子が語った言葉だが、ドラッカーの考えそのものだ。もっとも、ドラッカーは東洋思想にも造詣が深く、企業における倫理の実践は論語が最も親和性があることも説いている。これはまた正に、2021年大河ドラマの主人公となる渋沢栄一の【右手にソロバン、左手に論語】とつながる。

■監督と友達、しかしチームは強く成った
 先日のSMIビジネス塾に、長年参加されているWさんが、市内の有名校の剣道部で活躍されたお子さん二人の話をされていた。
 上の娘さんが入部した時は鉄拳指導の時代で、親の前でも殴る蹴るといった指導が日常茶飯事だった。ところが息子さんが剣道部に入ったときは、同じ監督なのに全く変わって、長所を対話によって伸ばす指導になっていた。Wさんは「今の指導の方が子供たちは成長しているようですね」と言っておられる。

■褒めちぎる自動車教習所
 三重県伊勢市に生徒を褒めちぎることで業績を伸ばしている南部自動車学校がある。何せ、この自動車学校はすごい。S字カーブを脱輪しようが、エンストしてしまおうが褒めぬく。「脱輪したけどブレーキはきちんと掛けることができた。素晴らしいですね」「エンストはしたけど、確認をきちんとできて良かったですよ」といった調子だ。叱る教習から褒める教習にして、少子化にもかかわらず生徒は増え続けている。合格率も上がった上に卒業生の事故率は50%も減少した。正に人を認め褒めることは一石何鳥にもなっていて、悪いことはほとんどないという。

■評価によるモティベーション
 SMIのEMPプログラム(経営強化プログラム)に、「あるチームメンバーの仕事の結果が、間違いや手抜かりに見えた時、叱ったり注意を促したりすると返ってモティベーションを落としてしまうことも多いものです。そうした時はアプローチを変え、間違いには触れず、否定的な言葉はやめて褒めることに心を砕いてみます。この方法が一見時間がかかるように見えますが、他の方法よりずっと効果的なことが多いものです」とある。

 素晴らしい影響力を持った先人・リーダーは結局、人の美点を引き出し、自分自身の目標である組織の目標を達成していった。そうしたリーダーを孔子は『君子』と言った。
 私も、褒めること、肯定的アドバイスをよりもっと磨き、人の美点を引き出す『君子』に一歩でも近づきたいものである。  SMI 小杉(2020/7/27)



  ☆SMI雑感アーカイブスへ


ホーム・トップページへ