◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。


【今月のSMI雑感】


   久しぶりのSMI懇親会

 先日(9月13日))、平成20年まで活発に活動していた新潟SMIクラブを、ボランティアで支えてくれていたメンバーが久しぶりに集まり、SMI懇親会を開いた。SMIプログラムを介して集まっているメンバーだけに、どんな話も最後はプラスに転換し、楽しい話にしてしまう。予定の2時間があっという間にすぎた。話が終わる気配もないので、途中だったが「中締め」をし、一次会のお開きとさせて頂いた。

 それにしても、あらためて感じたことが、参加者が皆SMIプログラムを上手く活用しているということだ。そして、社会的には奉仕するだけになる立場をも、前向きに受け止め挑戦されている方も多い。SMIによって人生が大きく変わり、人生を豊かに生きることができる、と話しておられた。正に私にとっては、SMIのモティベーター冥利に尽きる貴重な時間となった。

★500名の会社の副社長をされたHさんは、国内最大手農機具メーカーの新潟県代理店にあって、メーカーより全国規模のオンライン化やシステムの構築を依頼された。Hさんは最後のご奉公という気持ちで、複雑きわまりない新しいシステムを、全国より集まった200名の精鋭と共につくり上げた。「本当に苦しく眠れない日もあったが、SMIイズムで乗り越えられました。SMIをやっていなかったら、途中で投げ出してしまっていたのでは・・」と振り返っておられた。

★最大手の菓子メーカーに勤めていたSさんは、50歳の時に脱サラし、コンビニエンスストアを独立開業した。現在は5年前にオープンした2店目も順調に推移し、安定した経営を続けておられる。Sさんは「私はSMIをやっていなかったら、今、この席にいなかったし、脱サラもできなかった。また、現在の2店目のオープンもできませんでした。私は90歳、100歳まで、今の店のオーナーを続け、現役で生涯を終わりたいと考えています。こうした考えになれるのもSMIのお陰です」と仰って下さった。
 
★今年の6月まで、県内でも有数の農協の組合長を2期務めたIさんは、「私の在職中、施設等27の統廃合を実施しました。18,000名の組合員430名の農協職員に、大きな影響を与えるという決断を迫られることが多々ありました。そうした時、いつも判断の基準としたのがSMIでした。また、私の組合長在職中の最終目的であった、本所の社屋を完成させるということも実現させることができました。そうしたことも皆SMIのお陰です」とSMIプログラムに感謝を述べておられた。

★現在、20数億の米の販売を手がけ、新潟市内では有数の米店を作り上げたHさんは「店を31年前に始めて間もなく、SMIを始めたので内の会社はSMIと共に歩んできた会社なんです。その間、法の改正、食生活の変化、農産物の関税の問題等に直面したとき、SMIプログラムに触れ続けることによって、ほとんどのことをプラスに転換しチャンスにして、乗り切ってきました」と、30年間、SMIに触れ続けてきた方らしいお話しをされていた。

 他の参加者も、SMIに対する感謝の言葉を述べておられた。また、皆さんから「小杉さんのお陰で・・・」と言って頂いた。しかし、私は今、逆の心境にある。こうしたクライアントの方々こそが、私を育ててくれたと感じいる。正にSMIを通し共に成長してきたのだ。

 会の最後に、これからも目標と希望を持って、一生涯の伴侶SMIプログラムを学び続けていこうと誓い合い、再会を期して散会となった。

 SMIプログラムに巡り合い、SMIビジネスを通して皆さんと出会えたことに、心から感謝させて頂いたひと時だった。 SMI 小杉 (2019/9/25)




  ☆SMI雑感アーカイブス




ホーム・トップページへ