◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)

ホームトップページへ


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。

【今月のSMI雑感】

 人生を変えた新島昇先生との出会い

 新年おめでとうございます。
 SMIクライアントにおかれては、コロナ騒動の中にあってもあるがままを受け入れ、目標を明確にし、やるべき事をしっかりと見つめて前向きに1つ1つを実践されておられることと存じます。

 年が開明け年賀状が届くと、あらためて多くの出会いに感謝させて頂く。人生は“出会い”で決まる。私のSMIとの出会いも、恩師の新島昇先生による。今年も先生から賀状が届いた。その賀状に「小杉さんのお陰で善い人生となりました。感謝です」とあった。先生は謙虚な方で、むしろ私が書くべき言葉がそこに綴られていた。
 
■新島昇先生との出会い

 私は鈴木自動車(※現(株)スズキ)に入社し、販売代理店である栃木スズキ販売に出向した。私は4輪の営業として県南地域(足利市、佐野市)を回っていた。そうした中で、『新島話し方教室−話し方であなたの人生は変わる』と書かれた看板を街のあちこちで見かけた。

 私は営業マンとして成績を上げたい、もっと人前で上手に話ができるようになりたいという思いで、その教室に飛び込んだ。教室は話し方の指導というより生き方の指導をする教室だった。私は週1回、水曜日に行われていた夜6時からの教室に通い始めた。1期(11回)を終了してもまだまだだと思い、参加し続け、とうとう11期通い続けた。回数にすると120回以上になっていたと思う。

 教室での学びは、大変な時もあったが楽しい教室でもあった。いつも受講生に笑顔があった。先生はほめ育ての人だった。そして私は時々先生の事務所を訪ねた。グチや相談ごとを聞いて頂きアドバイスをもらうことで、事務所は営業でかけずり回る私のオアシスのような場所になっていた。

■SMIとの出会い

 ある時、その事務所の片隅に置いてあった赤いカバンのことを先生に尋ねた。
「これはSMIというものです。私はここから学んだものを教室を通して皆さんにお伝えしているのです」と言われた。

 そして間もなく転勤により、県北の鹿沼市を担当することとなり、大きなカベにぶつかった。そこはスズキの占拠率が県内で最も低いところで、占拠率10%〜13%をうろうろしていた。それを25%まで持って行けというのが会社の私に対する期待だった。

 それを期に、私は先生が学んでおられるというSMIをやろうと決めた。そして先生にお願いして、SMIのモティベーターに我が家に来てもらった。それも「プログラムを持ってきて下さい」とお願いしての契約だった。そして私はずしりと重い赤いカバンのSMIプログラムを初めて手にした。その時の興奮は今もはっきりと覚えている。

 私は水を得た魚のように働いた。そして、『アルト』の新発売も重なって、数ヶ月にしてスズキの占拠率が、月によっては40%を越えるようになった。一年もすると、よく販売業者に言われたものだ。「鹿沼は軽自動車はみんなスズキになってしまうね」と。鹿沼市は県内でも有数の占拠率の高い市場に変わっていった。

 その後、営業においては、数回の年間功労表彰、新記録達成等と色々な経験をさせて頂いた。それらは新島先生とSMIとの出会いによるところが大きい。そして新島先生の「小杉さんはSMIの仕事が合っているんじゃないですか」の一言が切っ掛けとなり、SMIのモティベーターとなり、今がある。
 
■池田晶子との出会い 

 そのように出会いを振り返ると、正に“出会い”が人生を作ることを実感させられる。
 しかし出会いには、そうした生身の人間としての出会いと、もう一つ本を通しての、時間や空間を超越した出会いもある。
 ここ10数年読み続け、考え続けされている哲学者で文筆家の故池田晶子の本との出会いは、新潟県立図書館だった。正に本のタイトルが私の目に飛び込んできた。
それは“君自身にかえれ”という池田晶子と大峯顕氏の対談の本だった。私は衝撃を受けた。腎臓癌という死を目前にした女性が、ここまで深く考え語り、穏やかに、終末を全うしようとしていることに。そして池田晶子は「徹底して自ら考えろ、それこそが生を全うすること」「自ら考える人が増えることこそが、世界を平和にする唯一の方法」と説く。私はファンなった。私の人生は池田晶子との出会いで、より広く、より深くなった。

■新しい年を渋沢栄一と“出会う年”に

 今期のSMIビジネス塾は、SMIイズムを通し、渋沢栄一&ドラッカーという二人の巨人から学んでいく。それは渋沢とドラッカーとの本を通しての『出会い』である。そしてその出会いは皆さんとの対話を通してより深まっていく。そして渋沢栄一とドラッカーは自分の人生にとってかけがえのない人物となっていく。また二人はいつも数十年先、いや100年先を考え経営することを説いていた。今、持続可能な社会、SDGsが叫ばれるている。そうした実践を考える上でも、二人の考えは大いに参考になる。
 今期も、塾生お一人お一人が、渋沢栄一との出会いが素晴らしいものとなるように、真剣に、しかしワイワイガヤガヤ(※ツバが飛ばない程度に)と楽しく進めていきたいと思っている。この渋沢との出会いがどこまで深まっていくのか、今から楽しみにしている。  SMI小杉 (2021初春)


  ☆SMI雑感アーカイブスへ


ホーム・トップページへ