◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。

【今月のSMI雑感】

 困っても、困ったらあかん!

 人は苦しい時、言葉を求め、言葉に救われる。SMIは言葉のプログラムだ。成功者のプログラムではあるが、人を救ってくれる言葉がちりばめられていて、人間救済のプログラムとしても活用することができる。

■受けとめ方で人生は決まる
 今、新型コロナ騒動の中、人は自分を救ってくれる情報や言葉を求め、ネットを観、本を読む。先日ネットを観ていたら、「人を救う世界のリーダー達の言葉」という中に、ヒラリー・クリントンの言葉があり、心にとまった。『充分に生きていれば、人生で起きることの大半は自分のコントロール外にあるということが分かってくる。でも、それに対してどうレスポンスするかは、自分のコントロール内。そこを忘れないように生きているわ』

 これは、一言で言えば、「その人の受け止め方で人生は決まる」ということだ。ポール・J・マイヤーは「心構えがすべてだ」と言った。心構えとは、不都合に起きてくる人生の事象を、その人がどう受け止めレスポンスするかに、最も端的に表れる。それがポール・J・マイヤーがプログラムを通して言いたかった重要な考え方だ。だから【あなたの真の価値は、他の人にあなたが何を成しているかで決まるのではない。他の人達があなたに対して成したことに対して、あなたがどうレスポンスするかによって示されるのです】(※DPM レッスン4より)と、説いた。

 では、この未曾有の危機と言われる、この新型コロナ騒動をSMIクライアントとして、どうレスポンスし乗り切っていけばよいのだろうか。

■困っても、困ったらあかん
 パナソニックの創業者で、SMIのクライアントでもあった松下幸之助には、危機の時にどう対処すべきか、というヒントを与えてくれるエピソードがたくさんある。

『東京にある松下電送がファクシミリを作り始めた頃のことです。新商品が軌道に乗らず、木野親之社長は悪戦苦闘していました。
 そんな時、幸之助氏から呼ばれ、何事かと大阪門真の本社へ駆けつけました。幸之助氏からは「困っても、困ったらあかんで」と言われたというのです。ファクシミリという新しい商品を開発し、販売を軌道に乗せていくのに、問題は山積みしていました。幸之助氏はそのことをよく知っていて、困るようなことはいっぱいあるやろう、しかし、それは外的なことや。それに対して困ると思うか、思わないかは君自身の心の問題や、と伝えたかったのです。

 つまり、困ったことに対して、他人や環境という外的現象に自分の心が振り回されたらあかん、ということなのです。困ると思えば、益々八方塞がりの困った状況になり、困らないと腹をくくれば、そこから解決していくための道が見えてきます。そのことを苦闘している木野社長に伝えたいために、わざわざ東京から来阪を求めたのです。そして帰りの飛行機の中で、木野社長の心は晴れ晴れとしたものになっていてヤル気が漲っていたというのです。』(※田中得夫著「成功の道しるべ」より)

 これは、コロナ対策においても全く同じだ。先ずは冷静さを保ちながら自分の立っている位置を確認する。そして今、自分ができること、できないことを明確に整理し、リストアップすることだ。それだけでも冷静さを保つ大きな効果があるものだ。つまりは困っても困らない状態になっていく。

■どんな時でも大丈夫
 長年のお付き合いの建設業を営むIさんとは、毎年暮れに山形の米沢興譲教会で学ばせて頂いている。Iさんは数年前に、女性従業員の不正経理によって、数千万円の損失を計上し、県内の有名経済雑誌にも大きな記事として書き立てられた。一歩間違えば廃業しなければならないという状況に陥った。しかし、そういった状況の中でも不安にならなかったと言う。自分を救ったのは1つはSMIイズムに触れ続けたこと、2つ目は教会の田中牧師(SMIクライアント)より、何度も学んでいた「どんな時でも大丈夫!」という言葉だったと言う。
 Iさんは毎日SMIを聞き、田中先生の講演CDを聞き、1日に何度も何度も「どんな時も大丈夫、必ず道は開ける」と繰り返しアファームした。そうした姿勢を貫く中で、また不思議と仕事は好転していった。そしてその後、そうした危機をバネとして全社一丸となって信用を回復し、県内でも有数の優良企業となった。

 SMIクライアントの皆さん。SMIの力を最も活用できる絶好のチャンスが到来しました。こうした危機の時代であればこそ、SMIの言葉があなたを勇気づけ、周囲の人をも勇気づけます。この時代をSMIプログラムをあらためて見直す機会として頂けたら幸いです。

 最後に私の好きなプログラムの言葉を一つ紹介させて頂きます。「夢を持ち、明日に向かって希望を持つことで、将来の恐れの全てが消え去るのです」ポール・J・マイヤー  (SMI小杉) 2020/4/26



  ☆SMI雑感アーカイブスへ


ホーム・トップページへ