◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。


【今月のSMI雑感】


《令和2年1月》

SMI× 知の巨人ドラッカー=「ONE TEAM」

  新年おめでとうございます。本年がSMIクライアント各位にとって実り多き年となることを祈念致しております。

 さて、今年で18年目に入ったビジネス塾は「SMI×ドラッカー=最強チーム」でSMIイズムを土台として、方向が全く定まらない時代にあって、それを乗り切っていくためのドラッカーによる組織作りを学んでいく。
 ドラッカーは経営学者だったが、法学者・思想家・哲学者・社会生態学者(※ドラッカーは好んで使っていた)・コンサルタント、等々とも言われ、95歳で2005年に他界するまで、多岐にわたり世界中で活躍しました。

■ドラッカーはヒトラーの恐怖を人々に訴えた

 ドラッカーはオーストリアのウイーンで生まれ育った。22歳から23歳の時、ドイツのフランクフルトで新聞記者として働いていた。その時台頭しつつあったヒトラーにインタビューした。何度もインタビューする中で、ヒトラーの狂気にいち早く気付いたドラッカーは周囲の人々やマスコミ、政治関係者にそれを伝え訴えた。しかし、そうしたドラッカーの声に耳を傾ける者はいなかった。ドラッカーはイギリスへ逃れる。この決断が2〜3ケ月遅れていたら、ユダヤ系の両親を持つドラッカーはアウシュビッツに送られていた可能性が高かったとも言われている。多くの識者がヒットラーの本質が見抜けず、取り込まれていってしまう中で、弱冠22歳にしてヒットラーの本質を見抜いた洞察力には驚かされる。

■「マネジメントの父」ドラッカー

 ドラッカーは「マネジメントの父」といわれる。それはヒットラーとナチスの経験がドラッカーにマネジメントの重要性を芽生えさせた。そして成果を上げる『マネジメント』こそが全体主義(独裁)から社会を守る唯一の手段だと考えるに至った。
★【自立した組織をして、高度の成果を上げさせることが、自由と尊厳を守る唯一の方策である。その組織に成果を挙げさせるものがマネジメントであり、マネジメントの力である。成果を上げる責任あるマネジメントこそ全体主義(独裁)に代わるものであり、我々を全体主義(独裁)から守る唯一の手立てである】

■“真摯さ”こそがマネジメントの土台

 ドラッカーが、リーダーとして絶対に欠かせない資質として繰り返し述べていることは“真摯さ”だ。この言葉は、マネジメントの実践においては強調しても、強調しすぎることはないようだ。
★【判断力が不足していても、害をもたらさないことはある。しかし、真摯さに欠けていたのでは、いかに知識があり、才気があり、仕事ができようとも、組織を腐敗させ、業績を低下させる。真摯さは習得できない。仕事に就いたときに持っていなければ、あとで身に付けることはできない。真摯さはごまかしがきかない。一緒に働けば、その者が真摯であるかどうかは数週間でわかる。部下達は、無能、無知、頼りなさ、無作法など、ほとんどのことは許す。しかし、真摯さの欠如だけは許さない。そして、そのような者を選ぶマネジメントを許さない。】

 ドラッカーを長年学び続けていると、『組織とマネジメント』を考える上で、一つ一つの言葉の重さと、深さに驚かされる。“汲めども尽きぬ泉の如し”という観がある。 そして、それがドラッカーとの親和性の高いSMI(個)とがかけ合わさったとき、1+1が100にも、1000にもなっていくこととなる。今年一年、SMIビジネス塾での学びが楽しみだ。

 雪のない新春、少し寂しさも感じながらも、朋友と共に学べることの喜びと、新しい年への期待で胸が高鳴るのを覚える。 (SMI 小杉)  令和二年初春



  ☆SMI雑感アーカイブス




ホーム・トップページへ