◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)

ホームトップページへ


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。

【今月のSMI雑感】


死刑囚を変えた、池田晶子の言葉

 先月、このSMI雑感で時々紹介した哲学者の池田晶子の「14歳の哲学」が、NHKの“100分で名著”で、紹介された。池田晶子の20年来のファンとして嬉しかった。やっとその時が来たんだなと思った。

 池田晶子の本を読む人が増えれば、自らの力で考える人が増え、世界はもっと良い方向へ向かうのでは、という人がいる。全く同感だ。
 教育者で思想家の稲瀬吉雄氏は、池田との対談形式で書かれた【池田晶子の言葉】の冒頭、「・・・数日の間熟慮したが、私の中では今の日本で多くの人々――老若男女を問わず――に、共通して読んでもらいたい人物の一番手は、故池田晶子ではないかという思いが強く沸いてきた」と書いておられる。

 池田晶子の言葉で、生きる目的を悟った死刑囚がいた。2人を殺害し死刑判決を受けた元風俗店経営者、陸田真志だ。陸田と池田は手紙による獄中哲学対話を重ねる。その内容は読む者をその対話に引き込んでいく。そして「言葉(ロゴス)」の力を知る。陸田が池田の言葉に触れ、人生の真実を知る切っ掛けとなったという告白の文章がある。私はこの文章を読み涙した。死刑囚でも悟り、残された人生を善き人生に変えていけるのだと深い感銘を受けた。

『そうやって苦しいまま、自分をだましつつ1年半が過ぎ98年になって、1月の事と思いますが、新聞に「新潮45」で連載をされていた池田晶子様の短文が掲載されており「金銭的な良いと精神的な善いは違う」との記述を読んで「何か」がわかったよう思えたのです。キリスト教や仏教、人権団体の偽善。自分がかつて追い求め、手にした金の無価値さがわかったよう思えました。それで、さっそく『ソクラテスの弁明』、『さよならソクラテス』を買い求め、そこで、その何かが見つけられました。そして、それが私の真実でした。「死を恐れず、下劣である事を恐れる」、それを知り、又獣としか思えなかった私にも善を求める心がある事、あった事がわかり、やっと自分自身を卑下する考えから解放されました。そして、死も神も自由も孤独も権力も概念に過ぎない、そう知って、初めて何者も恐れず、何物にもとらわれない、真に自由な自分自身の魂をとり戻せた思いです(今、独房においても全くの自由を得ていると信じられます)。そして、その「善」が在る事。それを求める心が、自分にもあった。その事実にこそ、「神」が存在する、そう信じています。

※中略

 おかげでそれまで、公判で少しでも自分にとって有利な事を言うのは、それが事実であっても、「死刑を免れようという己れの弱さでは」と悩む事もなくなったし、逆に不利な事も死刑を恐れる事なく答弁できたし、裁判官にも、「死刑になってもならなくても、善く生き、死んでいく事、正しくある事が、私がこの先できる唯一の償ないだ」と言う事ができました。そして、そのようにこの先、生きて死んでいける、その事に大きな喜びと価値を感じております。「知りたいが為に知る」、その事を知る為に生きてきたのだ。そんな気さえしています。メシを食うのも健康を欲するのも、その自己の考える状態にとって「よい」からだ。そう思えています。今はその機会を与えてくれた全てのもの(国家や拘置所の職員の方や、全ての人々)に感謝しています。

 私は、池田様のおかげで、この事に、やっと気付けました。人を2人も殺し、その命はもうどうやっても取り戻せませんが、それでも自分を知る事で、本当に自分の罪を自分に認めさせ、被害者に謝まれた事、そして自分の中の善にも気付けた事をうれしく思って生きて、死んでいけます。「ソクラテスシリーズ」の編集に携わられた亀井龍夫様を始め、多くの皆様、そして池田晶子様に深く御礼を申し上げます。大変、ありがとうございます。では、皆様の今後の御活躍をお祈りします。敬具    H10・4・3 陸田真志』 ※池田晶子・陸田真志共書『死と生きるー獄中哲学対話』より
   
 私はこの陸田の態度・心構えの変化に、SMIの成功の定義「成功とは、その人にとって価値ある目標を設定し、段階を追って実現していくことである」が、重なった。
 陸田は池田の「言葉(ロゴス)」によって、独居の中にあっても残された人生を価値ある死に繋げようと自分と向き合い、思索を深めていく。正にポール・J・マイヤーの言うとおり、「死の1時間前でも、自分を変えることはできます」だ。

 しかし残念なことだが、池田晶子は2007年膵臓癌で惜しまれつつ亡くなった。陸田は翌2008年に死刑が執行された。陸田はその死刑執行の際、「池田晶子さんの所に行けるのはこの上もなく幸せです」という言葉を残したという。
 最後の最後、短い時間だったが陸田は“価値ある目標”を全うし、死刑囚でありながらも我々に人間の素晴らしさ、生きることの素晴らしさを伝えてくれたような気がしている。      SMI 小杉 (2021・4・28)



☆SMI雑感アーカイブスへ


☆ホーム・トップページへ