◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。


【今月のSMI雑感】


 現代の『むごい教育』


 SMIは端的に言うと、パーソナル・モティベーションによって、潜在能力を発揮し、トータルパースンを目指して、人生を送ることと言える。そしてこのパーソナル・モティベーションは、「自分で考え計画し、行動し結果を出し、その結果に対し責任を負うこと」となる。そしてこの中で「自分で考える」が鍵であり、自分で考えない人間がパーソナル・モティベーションを起こすことは絶対にできない。

☆戦国時代の「むごい教育」
 今川義元は、人質として預かった竹千代(のちの徳川家康)に対し、「むごい教育をせよ」と家臣に命じたといわれている。一般的に『むごい教育』と聞くと徹底した体罰、厳しく激しい言葉を使うと考えてしまうが、全く逆のやり方だった。 義元は家康の望むことを全て否定せずに与えるように命じた。これは、家康の才能を見抜いていた今川義元が、徳川家康をわざと甘やかし、自分で物事の判断できない人間にしようとしたのだ。

☆現代の「むごい教育」
 現代社会も、何の疑いもなく善意で、この『むごい教育』が行われている。今の義務教育も多くは、単に答えを探す教育に陥っていて、考える人間を育てる教育ではないと多くの人が指摘している。

 また、多くの会社でも「むごい教育」が行われている。
 先日も、ある会社でベテラン社員が降格になった。その人の過去の経歴を聞き、経営者の姿勢と考え方を知ると、正に「むごい教育」をしてきたんだなと感じた。その社員は高校卒業後、その会社に入った。そしてその後20数年、その社員は自ら考えることをせず、経営者の指示通りに仕事をした。そしてそれが評価された。問題が起きても、皆、経営者が解決してしまった。時にはアイディアを出すこともあったようだが、結局は効率・生産性の観点から「それは駄目だ」の一言で終わってしまったという。

 結局、その社員は20年数年、自ら考えることが全くない環境を過ごした。そして昨年、20年以上努め、一番の年長者なのだからと責任ある地位についた。周囲も大きな期待を持ち、本人もその気になったようだった。しかし、きっちり指示された仕事はこなせるが、新しい現場、新しい生産性の目標となると、全く自分で考えることができず、仕事は進まなかった。結局は、その仕事を他の人に委ねるか、無理してやり、結果、周囲との軋轢を起こすという状態に陥ってしまった。

 そして先月より、その責任ある立場をはずされたとのことだった。こうしたことは多くの中小企業で起きている。そしてそうした会社の経営者は、俗に「やり手」と言われる人が多い。「やり手」であるがために、人に任せることをせず、考えることのほとんどを経営者がやってしまう。それは正に、“現代のむごい教育”だ。

☆“教えない教育”の重要性
 SMIではアドバイスしない教育、教えない教育を説く。教育とは自ら考える人間を育てることだ。SMIのコミュニケーションプログラム(ECP)では、「耳を傾けたり、質問することを怠り、・・・それとは逆に助言を与えてしまうと、その人が自分で問題を解決する機会を奪い、自信を傷つけ、問題解決能力を減じてしまいます。助言を求められても、与えることは避けて下さい」と説く。

 あのピーター・ドラッカーも「上司がいちいち口出しする組織は発展しない。上司の仕事は部下の仕事に首をつっこむことではないし、アドバイスすることでもない。何が問題かを、部下が自ら気づけるように導くことだ」と言う。

 SMIプログラムを人に教えることは不可能だ。全て自分で考えることを要求してくる。そうした意味で、SMIは組織が現代の『むごい教育』に陥ることを防ぐ、格好のプログラムであると確信している。(SMI小杉)2019/5/25


  ☆SMI雑感アーカイブス




ホーム・トップページへ