◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



小杉隆雄のSMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)

ホームトップページへ


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。

【小杉隆雄のSMI雑感】


  正直に、真っ直ぐ!

 先月も書いたように、私は産業カウンセラーの資格を目指し、学んでいる。68歳にもなるとさすがに覚えたものを覚えた側から忘れていく感じで、学びにも工夫が必要だ。
 しかし、68歳でも学ぶことは本当に楽しい。産業カウンセラーは「産業」と付くだけに、さすがに学ぶことが多く、多岐にわたる。心理学は勿論、歴史・法律・精神医学・組織論・キャリア形成・倫理と、人間として必要と思われるあらゆる分野の知識を、浅くて良いのだが、全て学ぶこととなるようだ。私にとって新しい発見ばかりで、ワクワクし学んでいる。

■自分の無知を知る毎日

 ソクラテスは「無知の智」と言った。孔子は『汝に之を知るを論(おし)えんか。之を知るを知ると為し、知らざるを知らずと為す』【通釈;お前に「知る」とは何かを教えてあげよう。知っていることを知っているとし、知らないことは知らないと明らかにする。之こそが「知る」という事だ」】と説いた。

 産業カウンセラーの学びで、正にその事を実感し、自分の無知を知ることができる毎日だ。そして、自分に対して正直でない人間は、カウンセラーは絶対に出来ないことを知った。最近、人生はそれこそがテーマなんだと強く感じるようになった。
 「産業カウンセラーの自己一致とは、カウンセリングの関係の中でカウンセラーが自由に、そして深く自分自身でいることであり、・・・・・自己一致は、真実性・透明性とも言われる。これらの言葉が意味するのは、カウンセラーの態度が上辺だけのものであってはならず、偽りのない、あるいは隠し立てをしないありのままの態度でクライアントに接することの重要性である」と教えられた。

 先日、NHKで放映された追悼番組「人間国宝、止まらない人 桂小三治」で小三治は60年行きつけの床屋さんでの女将さんとの会話で、心境を吐露していた。「(この女将さんにも)生きている上で、楽しいことやつらいことがたくさんあったでしょう。だからそういうことがそのはさみ捌きっていうか、作品に反映してできあがるんじゃない。(整髪も)一つの芸術だよね。(そんな風に)人(自分)をいかにそのまま素直に仕事に表せるかが、芸かな。なかなかそういかねんだ。何とか上手く見せてやろうとか、考えちゃうんだよ。そうすると後で反省することになるんだよ。・・・自分はいつもそうだから。」と語っていた。それが自己を一致させることが芸の神髄だという。私は、人生の神髄ともいえる、と言いたかったのだろうと思った。

■自分であれ

 SMIの学びも正に「自分であれ」という学びだ。
「成功とは自分自身にとって価値ある目標を前もって設定し、段階を追って実現していくこと」という成功の定義は「自分自身にとって価値ある目標」ということが最も重要なポイントになる。多くの人が自分自身の成功とは何かと問わずに、ただ成功したいと言う。そして結局,人がいった成功、ときには商業主義に陥った社会が作りあげた一般的な成功を鵜呑みにし、自分の本心と全くかけ離れた成功を追っている。それでは達成しても真の喜びを味わうことはまずない。

 先日、今年最後のSMI社内塾を終え、その会社の社長と話をしていたら、「小杉さん、私がこの会社を続けてこられたのは、お客さんにも自分にも正直にやってきたからだと思います」。「どんなクレームや問題にも、逃げずに本音であたってきました。時には、お客様が『そこまでやらなくていいよ』というものを、それでもこちらの気が済まないと何百万円の損をしてやったこともありました。そうした時に、不思議な事が起きたり、パタパタと仕事が入ってくるのを経験したものです」と言われ、そして「我が社の来年のモットーは“正直に、まっすぐに!”です」と仰られた。

 正に「正直者の頭に神やどる」だ。来年の目標を考える上でとっても参考になる話だった。あらためて、来年の目標は今一度自己と向き合い、自分の本心・本音にしたがったものにしようと、話を聴きながら強く思った。

 末筆になりましたが、今年もSMI雑感をお読み下さり有り難うございました。 良いお年をお迎え下さい。       SMI小杉 (2021/12/25)
 




☆SMI雑感アーカイブスへ

☆ホーム・トップページへ