◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



小杉隆雄のSMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)

ホームトップページへ


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。

【小杉隆雄のSMI雑感】

「倫理は人を自由にし、道徳は人を強制する」

 今年のSMIビジネス塾のテキスト「渋沢栄一とドラッカー」(※国貞克則著)の最後は『人間の自由』がテーマだった。
ドラッカーは、「自由とは解放ではなく、目的と価値に関する責任を伴う選択である」とした上で、「自由とは、人間が『哀れではあるが、誇り高き存在』であるとの信条である」と言います。そして、「人間を基本的に不完全で儚いものとするとき、はじめて自由は、哲理上、自然かつ必然のものとなる」と、説いた。
 著者の國貞さんは上記のドラッカーの言葉に対し、「つまり、人間は儚い、憐れな存在でしかない。しかし、理想に向かって誇り高く生きていくことはできる。そういう生き方への、責任を伴う選択こそが自由ということなのだ」と書いて、ペンを置かれている。
 人間の自由を考える時、上記のドラッカーの「責任を伴う選択」と、「人間は憐れであるが、誇り高き存在である」という2つの言葉に鍵があるようだ。

■責任と自由
 SMIの個人プログラムも、最後は『人間の自由』がテーマになる。
【真の自由を享受する人たちが、自分自身と自分の人生に対する責任をあえて引き受けるならば、家族にも新しい自由をもたらします。自分が所属している組織にも新しい自由を吹き込みます。国家にもより大きな自由をもたらします。所有する価値のある唯一の自由は、このような自由です。つまり、各個人が自らの内深くに到達する自由、万人を愛する神によって与えられて自らの中に存在する潜在能力を見出す自由、そして、その潜在能力を活用して成長し、達成し、そのために各個人が生まれてきたことを実現する自由です。】(※SMI実践プログラムLesson11)とある。
SMIでも「自由」とは「責任」と深く関係し、切っても切れないものであると説く。私はこの「自らのうち深くに到達する自由」とは、人間と魂の関係をいったことと受け止めている。

■人間は誇り高き存在
 ドラッカーの、『この誇り高き存在』ということを、どう捉えればよいのだろうか。私は、これを「人間の本性は必ず善を求める(誇り高き存在)」と受け止めたい。それは、単なる性善説といったもではなく、もっと広く、奥の深いものだ。
 よく聞く喩に、『おぼれかけている子供を観たとき、どんな人でも、どんな悪人でも、その子を助けようとする』と言われる。これは理屈ではない。人間の真実だ。これは道徳という価値をはるかに超えた人間だれもが持ち合わせている「善く生き、誇りある人間でありたい」という倫理の話だ。仏教ではこれを「悲無量心」と説き、誰の心にもあるという。

 ここで、道徳と倫理が明確に分けて考えることのできる話を紹介したい。論語に
【葉公、孔子に語(つ)げて曰く、吾(わ)が嘗(とう)に直躬なる者あり。其の父羊を攘(ぬす)みて、子之を證せり。孔子曰く、吾が嘗の直き者は、是に異なり。父は子の為に隠す。直きこと其の中(うち)に在り。(子路第13)
【通釈】楚の国の、葉(しょう)の地の長官が、孔子に語った。「私の村に、正直者の直躬という者がいる。ある時、その男の父親が羊を盗んで訴えられたら、バカ正直にそれを隠さず証言した。」と。それに対して孔子は、「私の村の正直者は、それとは違う。たとえ悪事であっても、父親は子供のために隠し、子供は父親のために隠す。そうした、人間本来の、自然の情感を偽らない事が、本当の正直と言うものだ。」と言った。

 この話の、前者の長官の話は道徳であり、孔子の話は倫理である。孔子も、人が倫理的に生きているとき、社会は良い方向に向かい、強制である道徳を必要とする社会は生きづらく自由を失っていく社会になる、と言いたかったのではないかと私はとっている。

■トータル・パースンと自由
 SMIの実践、プログラムのレッスン14「トータル・パースン(全人)」の最後に
【トータル・パースン−全人になるということは・・・あなたが自分の人生の最高の目的に向かって前進するにつれてあなたが果たすもっとも大切な人間的成長は、お金や持ち物では決して測れないという事に気づきます。最も大切な人間的成長は、あなたの心と魂の奥でのみ、測れるのです。それは、あなたの基本的な人間性を少しずつ開いていくことであり、あなたの真の潜在能力を実現していくことなのです。しかし、その最も大切な面は、あなたにだけ、明らかになるものです。この説明し難い個人的な恍惚は、真の自由の神髄であり、あなたを喜ばせ、生きがいを感じさせる何ものにもなれる自由なのです。】 「最も大切な人間的成長は、あなたの魂の奥でのみ、測れるのです」とあるように、人間の価値や真の成長は魂でしか理解できないものだと説く。倫理の理解もその世界にあるようだ。

 私の敬愛する哲学者で文筆家だった池田晶子は、「倫理とは、自由である。そして道徳とは,強制である。あるいは、倫理とは自律的なものだが、道徳とは他律的なものである。倫理的行為は、内的直観によって欲求されるが、道徳的行為は、外的規範を参照して課せられる。」そして、「倫理とは直観でしかとらえられないものである」と言い、「道徳にこだわる人間ほど、その直観が働かないもんだ」ともいう。そうするとその後の問いは、どうしたらその倫理的直観が働くようになるのか、ということなる。このSMI雑感のコーナーで今後も考え続けていきたい。   SMI 小杉 2021/9/28


☆SMI雑感アーカイブスへ

☆ホーム・トップページへ