◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、 目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナルジャパン http;//www.smi-japan.jp/(代表取締役 山本雄一)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



SMI雑感へ(※毎月、SMI体験談、クライアントの声等をコラムで紹介しています)


あらゆる分野で、そして多くの組織でSMIイズムは求められ成長・発展してきました。〕



◇SMI創立者 ポール・J・マイヤー

 《SMI創立者ポールJ・マイヤー》  《世界に羽ばたくSMI》

 ポールJ.マイヤーは、人びとが自らの目標を達成するのを支援するために、数多くのプログラムを著しました。 マイヤーは、多くの著作物を世に出した著者の一人として名声を博しており、印刷・録音された彼の作品は5,000万部を超え、 雑誌・機関誌への寄稿記事も多数あります。
 
彼の功績については150人以上のさまざまな著者によって、書籍・雑誌などに引用されており、 「偉大なる成功者・ポールJ.マイヤーの人間学」が、日本で翻訳・出版されています。最近書かれた、ポールJ.マイヤーに関する書籍では、 与えることの勇気、人生のあらゆる分野での成功とその有意性を解説しています。

 マイヤーがSMIプログラムで提唱する成功習慣は、 世界中で展開する彼の40以上もの会社で確立したビジネス上の経験と、マイヤー及びその家族の個人的な経験に基づいています。

 ポールJ.マイヤーは、個人や組織の成功、セールズ、マネジメント能力開発などの世界的な権威として認められています。 マイヤーのプログラムは、「人びとを限りなく羽ばたかせる」というビジョンを実現することによって、数多くの人びとに素晴らしい影響を与えています。

※2010年3月にハワイのマウイ島にてSMI創立50周年記念の世界大会が実施されました。


【今月のSMI雑感】



 「TO DO LIST」健康法

 SMIでは時間経営においても、また問題解決・生産性向上においても『TO DO LIST』(※必須・重要リスト)の効用の大きさを説いている。そしてこのリストの活用によって人生を劇的に変えている人も多々おられる。

■ファーストクラスに乗る人の決定的な習慣は?

 コンサルタントの美月あきこ氏は、自身の17年間のキャビンアテンダントの経験から「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」(※詳伝社)という本を書いた。その中でファーストクラスに乗る人の最大の特長は、ほとんどの人が『TO DO LIST』を書くことだと記している。
 成田からニューヨークのJFK空港へのフライト時間は11時間になる。その11時間の中でやることを明確にリストアップする。つまり、TO DO LISTを書くことだったという。例えば、@離陸するまでに着替える、A12時に昼食を取る、B読書をする(プレジデント)、というように小さな目標も必ずやろうとすることはリストにしていたという。
 そうした影響を受け、美月さんも自分自身のTO DO LISTを作り、活用し、現在のビジネスを成功に導いた。


■「できた!」という達成感が痛みを改善する

 日本では推定で”慢性痛”の人が2,300万人いると言われている。今、“慢性痛”の痛みを改善する治療として「認知行動療法」が注目されている。これは脳の側坐核という部位が「達成感(報酬)」を重ねることで痛みが軽減していくと考えられており、つまり、成功体験を重ね“脳を喜ばせる”ことが一番効果があり、それによって痛みが消えていく、ということだ。
 このポイントは、すぐに達成できる「小さな目標」と、それを達成した先の「大きな目標」を立てること。大切なのは「楽しい!嬉しい!」と感じながら続けられることで目標を持ち、成功体験を重ねていくことだ。(※NHK「ためしてガッテン」より)そしてそれは、・「一字一字丁寧に書く」・「ジョギングをする」・「筋トレをする」という目標でもOKということだ。
 これは正にTO DO LISTである。
 私は毎日、TO DO LIST に書いた小さな目標をやり遂げた時に線を引き、消していく。その時にいつも一種の快感を感じる。TO DO LISTの活用者の多くが、そのことを言っておられる。ということは、その快感を求めてTO DO LISTを書く一面もあるのか。また逆も真なりとしたら、TO DO LISTの活用者には“慢性痛”の人は少ないということにもなる。


■休日も『TO DO LIST』を書きたくなるわけ

 私は休日も、1日をTO DO LISTにしないと動けない人間になった。過日、ビジネスエリートのほとんどが、休日もTO DO LISTにしている人が多いという記事を読んだ。それは、彼らもTO DO LISTを活用することは、単に時間の有効活用のためということだけでなく、健康にも良いといった効用を感じ、体現しているからではないかと思った。
 私もあらゆる行動をTO DO LISTにしている。そして年を重ねると共に、その効用が増し、私にとってTO DO LISTは、人生を豊にするため一石二鳥ならぬ一石三鳥の必須アイテムとなった。今夏の夏休みもTO DO LISTを更に有効活用し、楽しく有意義な休みにしていきたいものです。 (SMI 小杉)2019・7・26


  ☆SMI雑感アーカイブス




ホーム・トップページへ