新潟県のSMI公認代理店サクセス・ギャランティー新潟のサイト

万人の成功を考えるSMI公認代理店のサクセスギャランティー新潟と新潟SMIクラブのサイト

 
 ものの時代から心の時代へと言われて久しい。そして今世紀は『命の世紀』とも言われる。いま、社会に必要とされる企業は、設備投資から人財資源への投資へと舵をきっています。2011年の大震災後はこの流れは益々加速していると言われます。今まで、世の中に物は満ちあふれていましたが、多くの人は生きがいや夢・目標を失っていました。また、この震災を機会に多くの人が生きがいや働きがい、そして人生の意義を自らに問いかけています。そのような『自己認識』への思いと真のモティベーションは深く繋がっています。なぜならそうしたことを明確にした人はモティベーションが高まり、生きる意欲が湧き、潜在能力を発揮してくるようになるからです。当社は今後も、そうした点で多くの実績を残してきたSMIのアイデアを、一人でも多く知って頂き、そして一社でも多くご活用頂けるよう努力して参ります。 

SMIの創業の理念
《最高の価値ある生き方−「トータルパースン」を目指して》
 
SMI(Success Motivation Institute )は1960年にアメリカのポールJ・マイヤーによって設立されました。SMIでは国や民族を問わず、世界の誰もが豊かな潜在能力を持っている。そして、その潜在能力を活かした人生を送るために、人生六分野のバランスのとれた生き方を提唱しています。則ち家庭生活面での成功、経済職業面での成功、教養文化面での成功、社会生活面での成功、精神倫理面での成功、そして健康身体面での六つの成功です。この人生六分野をバランスよく目指す人をSMIでは最高の価値ある生き方として「トータルパースン(全人格)の人」と言います。(※トータル・パースンのページへ)
会社概要 SMIについて 個人情報保護 今月のSMI雑感 SMI社内塾について
SMIクライアント紹介ーNO34
 新潟県新潟市西区
 株式会社 マルシン食品株式会社 

 マルシン食品(株)白根第2工場
【マルシン食品白根第2工場】
 ISO22000とFSSC22000を取得した工場は、衛生的で生産が上がる仕組みで、働きやすい労働環境となっている。また、昔ながらの手作りの良さも活かしながら、衛生と品質管理を高めるため最先端の設備や技術も導入している。しかし「製品の質はそれを作る人の質である」という言葉に象徴されるように、いくら工場の環境が整ったとしても、結局そこで働く人の人間性と心構えで決まる。生産現場を、これからも新たな製品が生まれる“可能性の場”と位置づけ。昨日より今日、今日より明日というSMI精神に則り、日々研鑽を重ねている。
【東日本大震災被災者支援で始めた感謝祭】
 2011年の被害大震災の年より、お世話になった東北の方々の被災を目の当たりにして、少しでも力になれたらとの思いで、白根第2工場の敷地で感謝祭を始めた。当初は集客に苦心したが、今では地元の人達が年末に楽しみにされる一大イベントに成長した。昨年(2019年12月27日)は4000名もの人が集まってくださり、大好評を博した。

 新潟市西区   マルシン食品株式会社 代表取締役社長 新保清久氏  

 今回ご紹介させて頂くSMIクライアントは、大正11年(1922年)の創業以来 一世紀に渡り、顧客第一主義を貫き発展し続ける新潟市のマルシン食品株式会社代表の新保清久氏です。
 新保社長とお付き合いされている方は異口同音に「新保さんはいつもニコニコと笑顔で、こちらも穏やかな気持ちになる」と仰られる。また「あの旺盛なチャレンジ精神は、どこから生まれるのだろうか」と言われる方も多い。新保社長が代表になられて30年、食品業界も激変する中にあって、会社の経営を左右する分水嶺に何度も遭遇した。その都度、SMIイズムをもって真正面より対峙し、問題や課題をチャンスに変えてきた。現在、会社は社員200名、33億を売上げ、県内外に12の拠点を持つ組織となった。平成24年には食品業界にあって、県内で数社しか取得しておらず、取得はとても難しいと言われるISO22000とFSSC22000を取得した。取得の為に選抜したメンバーに伝えると「それは無理です」という言葉は全く出ず、「社長、是非やりましょう」となった。これらのことも、人間性と心構えを重視し、人材育成されてきた成果と感じた、と言われる。
 また、奉仕団体ロータリークラブのロータリアンとしても活躍されている新保社長は、一昨年(2018年)には新潟県内のロータリアン2,100名のガバナー(代表)という重責を担われた。そして経営を任せられる状況にある今は、全国餅工業協同組合理事、また日本鏡餅組合の副理事長としての職責を果たすべく、業界の発展の為、尽力を注いでおられる。


【このコーナーでこれまで紹介したSMIクライアントの皆様】

1,(株)伊平板金工業所 2,(有)星山米店 3,(株)三日月化粧品店 4,(株)新潟クボタ 5,(株)長井ロングオート  6,新極真会新潟支部道場 7,フリースクール寺子屋ありがとう 8,マルシン食品(株)  9,(有)佐上商会  10,(株)阿賀・グローバル  11,(株)やま電  12,農業法人石山農産  13,(有)中条農産  14,中村スタジオ  15,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』  16,剣舞道場『峰精館」 17,小池ろうそく店  18抗酸化陶版浴『ここゆ』  19,竹内歯科クリニック   20,(株)丸菱電子 21,(株)千手   22,そば処『藪蕎麦』   23,(株)佐藤重機建設   24,新発田商業高校女子バレーボール部   25,(株)高建・高建グループ 26,コバック豊坂店・新発田店  27,山川建築事務所  28,(株)大滝自動車  29,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』U 30,(有)星山米店U 31,(株)伊平板金工業所U 32,(株)新潟クボタU 33,Beauty Cosme三日月 34,マルシン食品(株)U

★☆今月と来月のフォロー・セミナーのお知らせ


《令和2年6月の予定》

■第17期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「SMI×ドラッカーで経営チームをつくる」 ◇会場 ホテルじょいあす3Fマーガレット
 ◇6月テーマ「経営者に必要な三つの能力」◇日時 令和2年6月16日(火)PM7:00〜PM9:00 

■第33期SMIモーニングセミナー ◇メインテーマ「ドラッカーの組織運営哲学」 ◇会場 新潟会館1F喫茶室
 ◇6月テーマ「トップマネジメント」  ◇日時 令和2年6月21日(日)

《令和2年7月の予定》
■第17期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「SMI×ドラッカーで経営チームをつくる」 ◇会場 ホテルじょいあす3Fマーガレット
 ◇7月テーマ「リーダーが育つ組織」 ◇日時 令和2年7月21日(火)PM7:00〜PM9:00
■第33期SMIモーニングセミナー ◇メインテーマ「ドラッカーの組織運営哲学」 ◇会場新潟会館1F喫茶室
 ◇7月テーマ「人の優れた点を活かす」 ◇日時令和2年7月19日(日)

※上記いずれのセミナーも、新型コロナ対応のマスク着用とソーシャルディスタンスで実施します。
※SMIビジネス塾は6月に「長岡教室」を開校する予定でしたが、新型コロナの状況を見ながら実施していく予定です。
※ケースによって日時や内容等の変更がある時があります。事前に下記まで連絡下さい。

《今月のSMI雑感》


『君子』は人の美を成す

 今期のビジネス塾で学んでいる「マネジメント」の 父と言われるドラッカーは、徹底して人の長所を伸ばし活用することがリーダーシップであると説く。
 「日本に来たドラッカー」(※山下淳一郎著)には、ドラッカーのその考えの徹底ぶりを語るエピソードがある。

 【ドラッカーが、コンサルティング先の会社の食堂で昼食を取っていた時のことだった。偶然、経営者の会話が聞こえてきた。その会話は、部下の至らない点についてだった。ドラッカーは、この人たちと仕事をするのはよそう、そう思った。ここでも、自分の体験を紹介しつつ、次のように語った。

 人の短所を挙げたところで何も始まらない。人は、長所を活かして初めて成果を上げることができる。多くの会社が行っている評価は、ただ人の欠点を挙げているだけだ。ある銀行の頭取は、幹部125名の名前が書かれた組織図を常に持ち歩いていた。その組織図を見せてもらうと、一人ひとりの名前と一緒に一人ひとりの優れている点が書かれていた。私は頭取に、「なぜその組織図には人の短所は書かれていないのですか?」と、あえて聞いてみた。頭取は、「欠点はみんなが言ってくるから、その人の優れているところさえ知っていればいい」と答えた。これが成果を上げる人のやり方だ。成果を上げる人は、人の欠点を取り上げない。人の欠点に目を塞いでいるということではない。成果を上げようと思えば、人の優れている点を生かすしかない。本来、組織の目的は、人の優れている点を発揮するためにある。】

■君子は人の美を成す
論語に「君子は人の美を成し、人の悪を成さず。」(※成功する善きリーダーは人の長所と美点を見つけ出し、それを伸ばし、大成させていくものだ)とある。これは2500年前に孔子が語った言葉だが、ドラッカーの考えそのものだ。もっとも、ドラッカーは東洋思想にも造詣が深く、企業における倫理の実践は論語が最も親和性があることも説いている。これはまた正に、2021年大河ドラマの主人公となる渋沢栄一の【右手にソロバン、左手に論語】とつながる。

■監督と友達、しかしチームは強く成った
 先日のSMIビジネス塾に、長年参加されているWさんが、市内の有名校の剣道部で活躍されたお子さん二人の話をされていた。
 上の娘さんが入部した時は鉄拳指導の時代で、親の前でも殴る蹴るといった指導が日常茶飯事だった。ところが息子さんが剣道部に入ったときは、同じ監督なのに全く変わって、長所を対話によって伸ばす指導になっていた。Wさんは「今の指導の方が子供たちは成長しているようですね」と言っておられた。

■褒めちぎる自動車教習所
 三重県伊勢市に生徒を褒めちぎることで業績を伸ばしている南部自動車学校がある。何せ、この自動車学校はすごい。S字カーブを脱輪しようが、エンストしてしまおうが褒めぬく。「脱輪したけどブレーキはきちんと掛けることができた。素晴らしいですね」「エンストはしたけど、確認をきちんとできて良かったですよ」といった調子だ。叱る教習から褒める教習にして、少子化にもかかわらず生徒は増え続けている。合格率も上がった上に卒業生の事故率は50%も減少した。正に人を認め褒めることは一石何鳥にもなっていて、悪いことはほとんどないという。

■評価によるモティベーション
 SMIのEMPプログラム(経営強化プログラム)に、「あるチームメンバーの仕事の結果が、間違いや手抜かりに見えた時、叱ったり注意を促したりすると返ってモティベーションを落としてしまうことも多いものです。そうした時はアプローチを変え、間違いには触れず、否定的な言葉はやめて褒めることに心を砕いてみます。この方法が一見時間がかかるように見えますが、他の方法よりずっと効果的なことが多いものです」とある。

 素晴らしい影響力を持った先人・リーダーは結局、人の美点を引き出し、自分自身の目標である組織の目標を達成していった。そうしたリーダーを孔子は『君子』と言った。
 私も、褒めること、肯定的アドバイスをよりもっと磨き、人の美点を引き出す『君子』に一歩でも近づきたいものである。
 SMI 小杉(2020/7/27)



    令和2年SMI雑感へ
   令和元年(平成31年)SMI雑感へ
   


 
《過去のSMI雑感タイトル》

〔令和2年〕
7月 『君子』は人の美を成す
6月 「今年の新茶はあまり美味しくないんですわ」
5月 正しい「問い」こそが答えだ!
4月 困っても、困ったらあかん!
3月 体内に同居する名医を活かし、コロナに対峙する
2月 SMIを聞いて涙が止まらなかったんです
1月 SMI×ドラッカー=ONE TEAM

〔令和元年(平成31年)〕
12月 今、仕事が心地よいんです!
11月 フランシスコ教皇来日に思ったこと
10月 ラグビー日本チームと応援パワー
9月 久しぶりのSMI懇親会
8月 『社風』の力
7月 TO DO LIST健康法
6月 「100歳になっても、チャレンジする目標さえあれば・・・」
5月 現代の『むごい教育』
4月 「グッドモーニング」!
3月 あなたは”胸像”にどんな言葉を刻みますか
2月 ゾウのストレス解消法
1月 新潟に帰ったら、お店によることが一番の楽しみなんです

〔平成30年
12月 一隅を照らすモティベーターとして生きる
11月 山梨県が日本一の健康長寿県の理由!?
10月 「ウサギとカメの童話」 カメの勝因は!?
9月 「あなたは何に熱中しでいますか!」
8月 “小さな大成功者“尾畠春夫さん!
7月 SMIは2万冊の内容が収まっていますね
6月 「誰がために鐘は鳴るやと・・・」
5月 社長、私の給料は下げてください!
4月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」A
3月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」@
2月 「そだね〜」がチームを活性化する
1月 「仕事?−はい大好きです」


〔平成29年〕
12月 今年も届いた素敵なクリスマスカード
11月 「リコール」の手紙
10月 いつも勝つのは亀なのです!
9月 子供たちの夢を磨いているのや!
8月 ドラッカーのリトマス試験紙
 
7月 「働き方改革」の本質
6月 片手で卵を簡単に割る方法!?
5月 私には1年のセールス経験が10回あるのですよ?
4月 久しぶりのベーシック・トレーニング
3月『ACT AS IF』を人生に生かす
2月 SMIやれば病気にならない!?
1月 天を畏れ、天を敬い、堂々と生きる一年に

〔平成28年〕
12月 来年のことを言うと鬼が笑う!?
11月 「鬼平犯科帳」
10月 「2日で再開して下さい!」
9月 「売れば分かる!」
8月 「ハイポ
7月 年齢の秘密
6月 負の能力
5月 星山教室
4月 「人生は邂逅である」
3月 成功は常識に支えられている
2月 現代に『学者』はいない!?
1月 品性が運命を決める!

〔平成27年〕
12月 「間を置いた反復」SMIの特許です!?
11月 仕事の報酬は仕事である
10月 『覚悟』が結果を決める!

9月 1+1=1000 !?
8月 Iam a special person
7月 「本好き」の悩み
6月 与え続ける人
5月 人類を救う力?それは想像力だ!
4月 『古典』としてのSMIプログラムU
3月 『生活力』こそが能力発揮の土台
2月 『古典』としてのSMIプログラム
1月 SMI日本上陸50周年



平成30年SMI雑感へ
平成29年SMI雑感へ
平成28年 SMI雑感へ
平成27年 SMI雑感へ
平成25年・26年SMI雑感へ
平成23年・24年SMI雑感へ
平成22年以前のSMI雑感へ

◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナル(http://www.smi-japan.jp)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。


 SMI創立者 ポールJ・マイヤーへ

【お問い合わせ先】


SMIインターナショナル公認代理店

有)サクセス・ギャランティー新潟
〒950−0921 新潟市中央区京王1-2-21
tel ; 025-286-5488
fax ;025-286-1581
E-mail success8@sg-n.co.jp
URL http://www.sg-n.co.jp/