新潟県のSMI公認代理店サクセス・ギャランティー新潟のサイト

万人の成功を考えるSMI公認代理店のサクセスギャランティー新潟と新潟SMIクラブのサイト

 
 ものの時代から心の時代へと言われて久しい。そして今世紀は『命の世紀』とも言われる。いま、社会に必要とされる企業は、設備投資から人財資源への投資へと舵をきっています。2011年の大震災後はこの流れは益々加速していると言われます。今まで、世の中に物は満ちあふれていましたが、多くの人は生きがいや夢・目標を失っていました。また、この震災を機会に多くの人が生きがいや働きがい、そして人生の意義を自らに問いかけています。そのような『自己認識』への思いと真のモティベーションは深く繋がっています。なぜならそうしたことを明確にした人はモティベーションが高まり、生きる意欲が湧き、潜在能力を発揮してくるようになるからです。当社は今後も、そうした点で多くの実績を残してきたSMIのアイデアを、一人でも多く知って頂き、そして一社でも多くご活用頂けるよう努力して参ります。 

SMIの創業の理念
《最高の価値ある生き方−「トータルパースン」を目指して》
 
SMI(Success Motivation Institute )は1960年にアメリカのポールJ・マイヤーによって設立されました。SMIでは国や民族を問わず、世界の誰もが豊かな潜在能力を持っている。そして、その潜在能力を活かした人生を送るために、人生六分野のバランスのとれた生き方を提唱しています。則ち家庭生活面での成功、経済職業面での成功、教養文化面での成功、社会生活面での成功、精神倫理面での成功、そして健康身体面での六つの成功です。この人生六分野をバランスよく目指す人をSMIでは最高の価値ある生き方として「トータルパースン(全人格)の人」と言います。(※トータル・パースンのページへ)
会社概要 SMIについて 個人情報保護 小杉隆雄のSMI雑感 SMI社内塾について
SMIクライアント紹介ーNO35
 新潟県見附市西区
 株式会社 クスミ(※旧社名 (有)久住商会) 

 新潟県見附市   株式会社クスミ (※旧社名 有限会社久住商会)  

 
「SMIのフレーズを社内共通語に!」
 今回紹介させて頂くSMIクライアントは、見附市の自動車販売整備会社(株)クスミさんです。(株)クスミさんは地域密着を徹底されてきた会社です。現在4店舗になったのも、地域密着の店を徹底して目指した当然の帰結でした。全て事業の活動は、“どう地域に役立つか”を基準に判断され、決められ、実践されていく。そのことが会社の基本理念にも明確に謳われている。

《 株式会社クスミ 基本理念 》我が社は知恵と汗で地域社会に貢献し信頼される会社になる。
1、お客様に喜ばれ、感謝される会社になる 2、社員、その家族に豊かさを感じられる会社になる 3、お取引先に協調と健全を付与する会社になる


 (株)クスミさんはホンダカーズとして、県央地区のホンダ四輪の代理店という責任も担っておられる。そうした地域密着の方針が実現されてきた結果として、見附市は県内においては非常にホンダ車のシェアの高い地区となった。
 SMIは先代の時より皆で学び続け、足かけ30年にもなる。会議やミーティングにおいてもアファーメーションやビジュアリゼーションという言葉が飛び交うことも多いと言われる。今は、SMIのフレーズを社内共通語にしようと、学び続けておられる。
 今、自動車業界も大転換の時代。(株)クスミさんは、SMIイズムを土台にし、この時代の変化を大きなチャンスとしていかれる。地域において、今後の発展が益々期待されている会社だ。


【このコーナーでこれまで紹介したSMIクライアントの皆様】

1,(株)伊平板金工業所 2,(有)星山米店 3,(株)三日月化粧品店 4,(株)新潟クボタ 5,(株)長井ロングオート  6,新極真会新潟支部道場 7,フリースクール寺子屋ありがとう 8,マルシン食品(株)  9,(有)佐上商会  10,(株)阿賀・グローバル  11,(株)やま電  12,農業法人石山農産  13,(有)中条農産  14,中村スタジオ  15,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』  16,剣舞道場『峰精館」 17,小池ろうそく店  18抗酸化陶版浴『ここゆ』  19,竹内歯科クリニック   20,(株)丸菱電子 21,(株)千手   22,そば処『藪蕎麦』   23,(株)佐藤重機建設   24,新発田商業高校女子バレーボール部   25,(株)高建・高建グループ 26,コバック豊坂店・新発田店  27,山川建築事務所  28,(株)大滝自動車  29,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』U 30,(有)星山米店U 31,(株)伊平板金工業所U 32,(株)新潟クボタU 33,Beauty Cosme三日月 34,マルシン食品(株)U 35,(株)クスミ

★☆今月と来月のフォロー・セミナーのお知らせ


《令和3年11月の予定》
■第18期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「渋沢栄一&ドラッカーに学ぶ」 ◇会場 新潟ユニゾンプラザ4F小会議室
 ◇11月テーマ「急激な資本主義化の弊害」 ◇日時 令和3年11月17日(火)PM7:00〜PM8:45
■第34期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「人生の判断基準を学ぶ」 ◇会場 東横イン新潟駅前4F会議室
 ◇11月テーマ「“智・情・意”でつくる常識」 ◇日時 令和3年11月14日(日) AM6:40〜AM8:20

《令和3年12月の予定》
■第18期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「渋沢栄一&ドラッカーに学ぶ」 ◇会場 新潟ユニゾンプラザ4F小研修室
 ◇12月テーマ「士魂商才の核は信用」 ◇日時 令和3年12月14日(火)PM7:00〜PM8:45
■第34期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「人生の判断基準を学ぶ」 ◇会場 東横イン新潟駅前4F会議室
 ◇12月テーマ「対極にあるものを両立させる」 ◇日時 令和3年12月12日(日) AM6:40〜AM8:20

※上記いずれのセミナーも、新型コロナ対応のマスク着用とソーシャルディスタンスで、時間を短縮し実施します。
※SMIビジネス塾は「長岡教室」を開校する予定です。会場の関係で、新型コロナの状況を見ながら実施していきます。
※ケースによって日時や内容等の変更がある時があります。事前に下記まで連絡下さい。

《小杉隆雄のSMI雑感》


傾聴し、アドバイスは絶対しないでください!

 今月、岸田政権が発足した。岸田総裁の特技は「聞く力」と言う。それが本当なら素晴らしいことだ。これをきっかけに多くのリーダーが「聴く」ことに力を入れたなら、日本が変わっていくのは間違いない。
 この春から学んでいた一般社団法人産業カウンセラー協会の、産業カウンセラー養成講座が今月で修了する。メンタル的にはきつかったが良い学びとなった。あらためて聴くことが、人間の成長に欠かせない行為であると知った。

■聴くことは「無私の心」で

 この講座の主な実践は“傾聴”だ。私は営業の経験が長いので、聴くことは慣れていると自負していた。しかし、カウンセラーにおいての聴くは、次元の違うものだった。カウンセリングにおける「聴く」は無私になることに近い。
 私はこの学びで、小林秀雄の「無私の人」というエッセイを思いだした。その文に、人の意見には「ごもっとも」で済ませ、意見を求められると「(自分は)ご覧の通りです」で終わらせるという実業家の話がある。そして、その実業家は一見自分を持っていない人に見えるが、実践力があり、多くの人に慕われる人であったという。小林は、「この人は自分に忠実で、時代のドグマにも流されない人」と語っている。考えるとカウンセラーも、正にこの実業家のような態度を要求される。それは小林のいう無私の態度だ。

■カタルシスと潜在能力

 カウンセリングは人間の能力として備わっているカタルシスという潜在能力を活用していく。カタルシスとは自分の心の奥にある問題や悩みを信頼した人に聴いてもらうことで、浄化され、整理され、自分を理解していくことをいう。
 私はこうした人間の能力に霊性を感じる。不思議な力だ。養成講座での実践でクライアントの能力を信じ、ただひたすら傾聴に徹する。私は上記の実業家をロールモデルとしているので、傾聴の実践に興味を持って取り組むことができた。そのお陰で少しは妻の話も聞けるようになった。ひょっとしたら妻もカタルシスを感じているのかも知れない。心なしかこの半年で妻は笑顔が多くなったと感じている。真意は定かではないが。

■カタルシスを生む応答の例

 大阪大学の総長をされた哲学者の鷲田清氏が書かれた”「聴く」ことの力”という本がある。私はこの本で聴くことの力とその不思議さをを考えさせられた。その本の冒頭に、次のような問の話しがある。

【・・・「わたしはもうだめなのではないでしょうか?」というクライアントの言葉に対して、あなたならどう答えますか、という問いである。これに対して次のような五つの選択肢が立てられている。

(1)「そんなこと言わないで頑張りなさいよ」と励ます。
(2)「そんなこと心配しないでいいんですよ」と答える。
(3)「どうしてそんな気持ちになるの」と聞き返す。
(4)「これだけ痛みがあると、そんな気にもなるね」と同情を示す。
(5)「私はもうだめなんだと思うんですね」と返す。

 結果は、・・・精神科医の多くが選んだのは(5)である。一見、なんの答えにもなっていないようにみえるが、実はこれは解答ではなく、「クライアントの言葉を確かに受け止めましたという応答」なのだ。〈聴く〉というのは、なにもしないで耳を傾けるという単純に受動的な行為なのではない。それは語る側からすれば、言葉を受け止めてもらったという、たしかな出来事である。
 この例で考えるべきことは、「・・・言葉を受け止めてもらったという、たしかな出来事なのである」という言葉だ。きっとクライアントはここからカタルシスが生まれていくことだろう。

■傾聴し、アドバイスは絶対にしないでください!

 人を育てるのが上手な人は全く同じ考え方、手法をとるものだ。SMIのコミュニケーションプログラムに、問題解決に際して次のような言葉がある
 『人々は、あなたがどれくらいその問題について知っているかには興味ありません。あなたがどれくらいその人のことを思ってくれているかを知りたがっているのです。真剣に誠実に耳を傾けることは、あなたがその人のことを思っていることを示します。
 それとは逆に、助言を与えてしまうと、相手がどんな年齢であれ、その人が自分で問題を解決する機会を奪い、自信に傷つけてしまい、問題解決能力を減じてしまいます。助言を求められても、助言を与えることは絶対に避けて下さい。』これは正に、ポール・J・マイヤーが人間のカタルシスを信じ書いた文章と受け止めている。

 岸田首相の特技『聴く力』が多くのリーダーに浸透していったなら、間違いなく組織は変わり、会社も変わる。そして社会も変わっていくこととなる。私もこの半年の学びを活かし、私とご縁を頂いた人たちにそうしたことを伝い続けていきたい。SMI 小杉 (2021/10/30)


    令和3年SMI雑感へ
    令和2年SMI雑感へ
   令和元年(平成31年)SMI雑感へ
   


 
《過去のSMI雑感タイトル》

〔令和3年〕
10月 傾聴し、アドバイスは絶対にしないでください
9月 倫理は人を自由にし、道徳は人を強制する
8月 ヒヤリハット300回で一人退社し、一組離婚する?

7月 蘇れ、メザシの“土光さん“!
6月 問いこそが答えU
5月 泥を見るな星を観よ
4月 死刑囚をも変えた、池田晶子の言葉
3月ノーベル候補となった渋沢栄一
2月 「風俗店へ行った翌日の客は・・・」!?
1月 人生を変えた新島昇先生との出会い

〔令和2年〕
12月 「あと10年、続けてください!」
11月 どんちゃん騒ぎでもしているように仕事を楽しむ
10月 ある会社の“仕事賛歌”

9月 ピグマリオン効果
8月 佐賀のがばいばあちゃん
7月 『君子』は人の美を成す
6月 「今年の新茶はあまり美味しくないんですわ」
5月 「問い」こそが答えだT
4月 困っても、困ったらあかん!
3月 体内に同居する名医を活かし、コロナに対峙する
2月 SMIを聞いて涙が止まらなかったんです
1月 SMI×ドラッカー=ONE TEAM

〔令和元年(平成31年)〕
12月 今、仕事が心地よいんです!
11月 フランシスコ教皇来日に思ったこと
10月 ラグビー日本チームと応援パワー
9月 久しぶりのSMI懇親会
8月 『社風』の力
7月 TO DO LIST健康法
6月 「100歳になっても、チャレンジする目標さえあれば・・・」
5月 現代の『むごい教育』
4月 「グッドモーニング」!
3月 あなたは”胸像”にどんな言葉を刻みますか
2月 ゾウのストレス解消法
1月 新潟に帰ったら、お店によることが一番の楽しみなんです

〔平成30年
12月 一隅を照らすモティベーターとして生きる
11月 山梨県が日本一の健康長寿県の理由!?
10月 「ウサギとカメの童話」 カメの勝因は!?
9月 「あなたは何に熱中しでいますか!」
8月 “小さな大成功者“尾畠春夫さん!
7月 SMIは2万冊の内容が収まっていますね
6月 「誰がために鐘は鳴るやと・・・」
5月 社長、私の給料は下げてください!
4月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」A
3月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」@
2月 「そだね〜」がチームを活性化する
1月 「仕事?−はい大好きです」


〔平成29年〕
12月 今年も届いた素敵なクリスマスカード
11月 「リコール」の手紙
10月 いつも勝つのは亀なのです!
9月 子供たちの夢を磨いているのや!
8月 ドラッカーのリトマス試験紙
 
7月 「働き方改革」の本質
6月 片手で卵を簡単に割る方法!?
5月 私には1年のセールス経験が10回あるのですよ?
4月 久しぶりのベーシック・トレーニング
3月『ACT AS IF』を人生に生かす
2月 SMIやれば病気にならない!?
1月 天を畏れ、天を敬い、堂々と生きる一年に

〔平成28年〕
12月 来年のことを言うと鬼が笑う!?
11月 「鬼平犯科帳」
10月 「2日で再開して下さい!」
9月 「売れば分かる!」
8月 「ハイポ
7月 年齢の秘密
6月 負の能力
5月 星山教室
4月 「人生は邂逅である」
3月 成功は常識に支えられている
2月 現代に『学者』はいない!?
1月 品性が運命を決める!



平成30年SMI雑感へ
平成29年SMI雑感へ
平成28年 SMI雑感へ
平成27年 SMI雑感へ
平成25年・26年SMI雑感へ
平成23年・24年SMI雑感へ
平成22年以前のSMI雑感へ

◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナル(http://www.smi-japan.jp)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。


 SMI創立者 ポールJ・マイヤーへ

【お問い合わせ先】


SMIインターナショナル公認代理店

有)サクセス・ギャランティー新潟
〒950−0921 新潟市中央区京王1-2-21
tel ; 025-286-5488
fax ;025-286-1581
E-mail success8@sg-n.co.jp
URL http://www.sg-n.co.jp/