新潟県のSMI公認代理店サクセス・ギャランティー新潟のサイト

万人の成功を考えるSMI公認代理店のサクセスギャランティー新潟と新潟SMIクラブのサイト

 
ものの時代から心の時代へと言われて久しい。そして今世紀は『命の世紀』とも言われる。いま、社会に必要とされる企業は、設備投資から人財資源への投資へと舵をきっています。2011年の大震災後はこの流れは益々加速していると言われます。今まで、世の中に物は満ちあふれていましたが、多くの人は生きがいや夢・目標を失っていました。また、この震災を機会に多くの人が生きがいや働きがい、そして人生の意義を自らに問いかけています。そのような『自己認識』への思いと真のモティベーションは深く繋がっています。なぜならそうしたことを明確にした人はモティベーションが高まり、生きる意欲が湧き、潜在能力を発揮してくるようになるからです。当社は今後も、そうした点で多くの実績を残してきたSMIのアイデアを、一人でも多く知って頂き、そして一社でも多くご活用頂けるよう努力して参ります。 

SMIの創業の理念
《最高の価値ある生き方−「トータルパースン」を目指して》
 
SMI(Success Motivation Institute )は1960年にアメリカのポールJ・マイヤーによって設立されました。SMIでは国や民族を問わず、世界の誰もが豊かな潜在能力を持っている。そして、その潜在能力を活かした人生を送るために、人生六分野のバランスのとれた生き方を提唱しています。則ち家庭生活面での成功、経済職業面での成功、教養文化面での成功、社会生活面での成功、精神倫理面での成功、そして健康身体面での六つの成功です。この人生六分野をバランスよく目指す人をSMIでは最高の価値ある生き方として「トータルパースン(全人格)の人」と言います。トータル・パースンのページへ)
会社概要 SMIについて 個人情報保護 今月のSMI雑感 SMI社内塾について
SMIクライアント紹介ーNO33
 新潟県新潟市中央区
 株式会社 新潟クボタ


 新潟市中央区   株式会社 新潟クボタ    取締役副社長 早川和則氏  

  今回は我が社にとって最も長いお付き合いのクライアント、早川和則氏を改めて御紹介させて頂きます。現在、早川和則氏は400人の会社の副社長として活躍されている。また、平成元年から平成20年まで活動した新潟SMIクラブの会長として会を支え、メンバーを引っ張って下さいました。

 早川氏は要職を歴任され、多くのプロジェクト(M&Aや海外の事業展開、大規模なシステムの構築等)の中心的存在として会社を引っ張ってこられた。システムの構築においては全国のクボタグループに大きな影響を与えられた。そして65歳を過ぎた今も、全国のクボタグループが注目する、全てを一元化していくというシステムづくりのトップとして、新たな挑戦をされている。今回のプロジェクトも一般的な見方からすると、達成は不可能と言われているものだ。

 しかし、早川氏は「今まで、SMIイズムで多くのカベを乗り越えてきたんです。今回も優秀なスタッフも集まってくれたので、SMIイズムで必ず実現していきます」と力強く仰られる。今後も、そうした姿勢で多くの人に大きな影響を与え、組織を動かし、変化させ続けていくことと確信させて頂いている。
                                


【このコーナーでこれまで紹介したSMIクライアントの皆様】

1,(株)伊平板金工業所 2,(有)星山米店 3,(株)三日月化粧品店 4,(株)新潟クボタ 5,(株)長井ロングオート  6,新極真会新潟支部道場 7,フリースクール寺子屋ありがとう 8,(株)マルシン食品  9,(有)佐上商会  10,(株)阿賀・グローバル  11,(株)やま電  12,農業法人石山農産  13,(有)中条農産  14,中村スタジオ  15,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』  16,剣舞道場『峰精館」 17,小池ろうそく店  18抗酸化陶版浴『ここゆ』  19,竹内歯科クリニック   20,(株)丸菱電子 21,(株)千手   22,そば処『藪蕎麦』   23,(株)佐藤重機建設   24,新発田商業高校女子バレーボール部   25,(株)高建・高建グループ 26,コバック豊坂店・新発田店  27,山川建築事務所  28,(株)大滝自動車  29,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』U 30,(有)星山米店U
★☆今月と来月のフォロー・セミナーのお知らせ


《平成30年1月の予定》

■第15期SMIビジネス塾 メインテーマ「名経営者に学ぶリーダーシップ」 ◇1月のテーマ 「オリエンテーション」
 ◇予定日平成30年1月23日(火)  ◇会場 新潟ユニゾンプラザ 4F小研修室 NEXT 第15期SMIビジネス塾案内
■第30期SMIモーニングアカデミー メインテーマ「SMIイズムはリーダーシップの鍵」 
 ◇1月のテーマ「SMIプログラムの実践」 ◇日時 平成30年1月21日(日) ◇会場 新潟会館1F喫茶店

《平成30年2月の予定》
■第15期SMIビジネス塾 メインテーマ「名経営者に学ぶリーダーシップ」 ◇2月のテーマ「成功は成功の母である
 ◇予定日平成30年2月20日(火) ◇会場 新潟ユニゾンプラザ4F小研修室 
■第30期SMIモーニングアカデミー メインテーマ「SMIイズムはリーダーシップの鍵」 
 ◇2月のテーマ「豊かさの世界とリーダーシップ」 ◇日時 平成30年2月18日(日) ◇会場 新潟会館1F喫茶室

◆第6回星山教室 「SMI2018カレンダーの実践」 
 ◇主催 SMI実践会 ◇平成30年2月6日(火) ◇会場 星山米店2F会議室 第6回星山教室案内


 ※ケースによって日時や内容等の変更がある時があります。事前に下記まで連絡下さい。

《今月のSMI雑感》

    「仕事?−はい、大好きです!」

 新年おめでとうございます。SMIクライアントの皆様におかれては、大きな希望をもって新年を迎えられたことと存じます。
 さて、時代は人口減少、人材不足の中で「働き方改革」が叫ばれています。そこで年頭に当たり「働く」ということをSMIではどう捉えているかを考えてみたいと思います。

 ポール・マイヤーは「仕事−はい大好きです!」と言い、プログラムにおいて、仕事には五つの恩恵があると説く。

1、仕事は報酬が得られます;生活のため夢を実現するために、報酬はかかせないものです。しかし、多くの人が働くことは、金銭のためだけだという勘違いに陥っています。その勘違いを質していくこともリーダーの大きな役目です。スタッフにそのことに気付いてもらうだけでも働き方改革は大きく前進します。

2、仕事は潜在能力を発揮する絶好の場です;仕事は現状維持では続かなくなります。その為目標を立て、現状を変え、挑戦しなければなりません。そこに必ず潜在能力を発揮する場が生まれます。私も、このSMIビジネスに携わらなかったら、このような文章も書けなかったらだろうし、パソコンもほとんどいじれられなかったし、人前での話も出来なかっただろうと思う。

3、仕事は人間成長の最高の場です;仕事をするということは、必ず人と関わるということです。どんなにAIの技術が進んでも、人と人との関係がそこになかったなら、それは全く無意味なものとなります。人と関わることには必ず軋轢が生まれる。クレームやリコールもその一つとも考えられる。しかし、その対処には必ず人間関係の改善も含まれるものです。そうしたことがその人を人間として成長させてくれる。営業での失敗、仕事から遠ざかっていった人、苦情を持ち込んだ人、そうした不都合な人から多くを学び、人間性を磨いていくことが出来る。

4、仕事は時間を構成しています;ある経営者より、こんな話しを聞いたことがあった。「運送会社に勤めていた管理者が退職し、少しのんびりしようとブラブラと過ごしていたようです。しかし三ヶ月もしたら、いても立ってもいられない状況に陥って、私に電話をしてきてこう言うんです。『仕事をしてないと気が狂いそうで、○○さんのところで給料なしでも良いから働かせて下さい』と。給料なしというわけにもいかず、今は一般の人と同じように働いてもらっています」。SMIの実践プログラムに「定年退職し、何もしないと3年以内に病気をするか、死ぬ確立が高まるというデータがあります」とある。 仕事は人生の価値ある時間の多くを、注ぎ込むに足るものなのだ。

5、仕事は追跡のスリルを味わう場です;私はこれを仕事をゲーム化することだ。それによって仕事は楽しいものに変わっていく。ポール・マイヤーは、我々モティベーターに、何人に合い、プレを何回し、いくつの契約を頂いたか、データを常に取りなさいと言う。実際にやると分かるが、数字を取ることで、ゲーム化が可能になり、苦役も楽しいものに変えていくことができると。

 仕事の捉え方として土光敏夫著「経営の行動指針」の中に素晴らしい考え方がある。「『仕事の報酬は仕事である』とは、日産自動車の創立者藤原銀次郎氏のの言葉である。私どもの従業員意識調査でも、この立言を肯定する結果が出ている。簡単に言って、満足感(働きがい)の源泉が、賃金に代表される金銭的要因よりも仕事に代表される非金銭的要因に、より多く求められている。賃金と仕事の関わり合いについては、色んな立場からの様々な議論があろう。人間の喜びは金だけからは買えないという一事である。賃金は不満を減らすことはできる、しかし、満足を増やすことはできない、満足を増やすことのできるのは仕事そのものだと言わねばならない。

 仕事の報酬が仕事であるような仕事を作り出してゆくのは容易なことではない。そんな仕事は数多くは存在しないという反論もあるだろう。しかしそれは間違った考え方だ。どんな仕事であろうと、それが自発的主体的に行動できるような仕事になってくれば、人々はそこから働きがいを感ずるようになるのだ。仕事の種類程度よりも、仕事のやり方が問題にされねばならぬ。」 

 最後に、仕事から得られる恩恵を言い当てた名言を記し、年頭の挨拶とさせて頂きます。
★仕事の中にこそ自分を発見するチャンスがあるジョセフ・コンラッド  
★仕事は人生であり、良き仕事は良き人生である ジェームズ・W・エリオット
★働くことは祈ることである聖アウグスティヌス
                                 2018年  初春

   平成29年SMI雑感へ

   平成28年SMI雑感へ

   平成27年SMI雑感へ
 
《過去のSMI雑感タイトル》



〔平成30年〕
1月 「仕事?−はい大好きです」


〔平成29年〕
12月 今年も届いた素敵なクリスマスカード
11月 「リコール」の手紙
10月 いつも勝つのは亀なのです!
9月 子供たちの夢を磨いているのや!
8月 ドラッカーのリトマス試験紙
 
7月 「働き方改革」の本質
6月 片手で卵を簡単に割る方法!?
5月 私には1年のセールス経験が10回あるのですよ?
4月 久しぶりのベーシック・トレーニング
3月『ACT AS IF』を人生に生かす
2月 SMIやれば病気にならない!?
1月 天を畏れ、天を敬い、堂々と生きる一年に


〔平成28年〕
12月 来年のことを言うと鬼が笑う!?
11月 「鬼平犯科帳」
10月 「2日で再開して下さい!」
9月 「売れば分かる!」
8月 「ハイポ
7月 年齢の秘密
6月 負の能力
5月 星山教室
4月 「人生は邂逅である」
3月 成功は常識に支えられている
2月 現代に『学者』はいない!?
1月 品性が運命を決める!


〔平成27年〕
12月 「間を置いた反復」SMIの特許です!?
11月 仕事の報酬は仕事である
10月 『覚悟』が結果を決める!

9月 1+1=1000 !?
8月 Iam a special person
7月 「本好き」の悩み
6月 与え続ける人
5月 人類を救う力?それは想像力だ!
4月 『古典』としてのSMIプログラムU
3月 『生活力』こそが能力発揮の土台
2月 『古典』としてのSMIプログラム
1月 SMI日本上陸50周年



〔平成26年〕
12月 パーソナル・ミッションステートメントのすす
11月 「沈黙」と潜在能

10月 「分かりやすくし過ぎる」ことの弊害
 多様性ある組織が生き残る
8月 健康やお金がなくても生きていける。しかし勇気がないと・・
7月 自己啓発=独学の進め

月 「一・現・肯・楽
月 本物と偽物どちらがよいか・・・
月 現代の問題は人間が考えなくなっていることだ 
3月 勝利者は「しがみつく」生き方の人だ
2月 レジェンド葛西に思ったこと
1月 あなたの運命を支配するのは誰か?





平成25年・26年SMI雑感へ

平成23年・24年SMI雑感へ

平成22年以前のSMI雑感へ

◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナル(http://www.smi-japan.jp)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



ポールJ・マイヤーへ




SMIインターナショナル公認代理店

(有)サクセス・ギャランティー新潟
〒950−0921 新潟市中央区京王1-2-21
tel ; 025-286-5488
fax ;025-286-1581
E-mail success8@sg-n.co.jp
URL http://www.sg-n.co.jp/