新潟県のSMI公認代理店サクセス・ギャランティー新潟のサイト

万人の成功を考えるSMI公認代理店のサクセスギャランティー新潟と新潟SMIクラブのサイト

 
ものの時代から心の時代へと言われて久しい。そして今世紀は『命の世紀』とも言われる。いま、社会に必要とされる企業は、設備投資から人財資源への投資へと舵をきっています。2011年の大震災後はこの流れは益々加速していると言われます。今まで、世の中に物は満ちあふれていましたが、多くの人は生きがいや夢・目標を失っていました。また、この震災を機会に多くの人が生きがいや働きがい、そして人生の意義を自らに問いかけています。そのような『自己認識』への思いと真のモティベーションは深く繋がっています。なぜならそうしたことを明確にした人はモティベーションが高まり、生きる意欲が湧き、潜在能力を発揮してくるようになるからです。当社は今後も、そうした点で多くの実績を残してきたSMIのアイデアを、一人でも多く知って頂き、そして一社でも多くご活用頂けるよう努力して参ります。 

SMIの創業の理念
《最高の価値ある生き方−「トータルパースン」を目指して》
 
SMI(Success Motivation Institute )は1960年にアメリカのポールJ・マイヤーによって設立されました。SMIでは国や民族を問わず、世界の誰もが豊かな潜在能力を持っている。そして、その潜在能力を活かした人生を送るために、人生六分野のバランスのとれた生き方を提唱しています。則ち家庭生活面での成功、経済職業面での成功、教養文化面での成功、社会生活面での成功、精神倫理面での成功、そして健康身体面での六つの成功です。この人生六分野をバランスよく目指す人をSMIでは最高の価値ある生き方として「トータルパースン(全人格)の人」と言います。トータル・パースンのページへ)
会社概要 SMIについて 個人情報保護 今月のSMI雑感 SMI社内塾について
SMIクライアント紹介ーNO33
 新潟県新潟市中央区
 株式会社 三日月化粧品店  Beauty Cosme三日月

Beauty Cosme三日月】※デッキー401内
店内は白を基調として清潔感があり、洗練された雰囲気を醸し出している

 新潟市中央区  株式会社 三日月化粧品店 代表取締役社長 三日月秀行氏  
【紆余曲折を経て、今、新潟で輝く専門店にー Beauty Cosme三日月】
 今回紹介するクライアントは、我が社の設立当初よりお付き合いを頂いている(株)三日月化粧品店の三日月社長です。現在、三日月社長は新潟県化粧品小売協同組合の専務理事の要職にあります。
 三日月社長は、SMIを自分のものとすることは、普遍性、真理のモノサシを自分の心の中にしっかりと持つことになると言われる。そのSMIという普遍性のモノサシを、三日月社長は毎日プログラムに根気強く触れることで構築されてきた。長いプログラム体験の中で、プログラムの言葉が年齢と共に全く新しい意味や輝きを放ってくることを何度も体験し、プログラムは完全に自分の一部になってきたと言う。
 また、現在の店に辿り着くまでに、紆余曲折も多々経験されてきた。そうした人生の節目節目でSMIに助けられてきたと言う。これからという時に優秀な人材に去られたり、店舗全焼という経営危機も、SMIによって最後はチャンスに変えることができた。そうした経験の全てが今の店の繁栄に繋がっていると言う。今はSMIが提唱する究極の目標“全人格ートータルパースン“を目指す中で辿り着いた「善く生きる」を信条とし、後進を育てるべく、精進されている。
                                


【このコーナーでこれまで紹介したSMIクライアントの皆様】

1,(株)伊平板金工業所 2,(有)星山米店 3,(株)三日月化粧品店 4,(株)新潟クボタ 5,(株)長井ロングオート  6,新極真会新潟支部道場 7,フリースクール寺子屋ありがとう 8,(株)マルシン食品  9,(有)佐上商会  10,(株)阿賀・グローバル  11,(株)やま電  12,農業法人石山農産  13,(有)中条農産  14,中村スタジオ  15,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』  16,剣舞道場『峰精館」 17,小池ろうそく店  18抗酸化陶版浴『ここゆ』  19,竹内歯科クリニック   20,(株)丸菱電子 21,(株)千手   22,そば処『藪蕎麦』   23,(株)佐藤重機建設   24,新発田商業高校女子バレーボール部   25,(株)高建・高建グループ 26,コバック豊坂店・新発田店  27,山川建築事務所  28,(株)大滝自動車  29,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』U 30,(有)星山米店U 31,(株)伊平板金工業所U 32,(株)新潟クボタU 33,Beauty Cosme三日月
★☆今月と来月のフォロー・セミナーのお知らせ

《平成31年1月の予定》
■第16期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「教養で三つの目を育てる」 ◇1月のテーマ「オリエンテーション」
 ◇日時 平成31年1月22日(火) ◇会場 ホテルじょいあす1F小会議室
■第31期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「リベラルアーツで自己を知る」 
 ◇1月のテーマ「オリエンテーション」 ◇日時 平成31年1月20日(日) ◇会場 新潟会館1F喫茶室

《平成31年2月の予定》

■第16期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「教養で三つの目を育てる」 ◇2月のテーマ「宗教、正義と道理の重要性」
 ◇日時 平成31年2月19日(火) ◇会場 ホテルじょいあす1F小会議室 ◇案内リーフレットへNEXT
■第31期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「リベラルアーツで自己を知る」
 ◇2月のテーマ「モティベーションの持続」 ◇日時 平成31年2月17日(日) ◇会場 新潟会館1F喫茶室

【SMI特別講演会】
■SMI特別講演会テーマ「SMIイズムで素敵な会社をつくろう」−働き方改革フォーラム@ ◇日時 3月7日(木)
◇会場 ホテルじょいあす ◇会費 3000円  ◇案内リーフレットへNEXT

 ※ケースによって日時や内容等の変更がある時があります。事前に下記まで連絡下さい。

《今月のSMI雑感》

新潟に帰ったら実家よりお店に寄ることが一番の楽しみです

新年 おめでとうございます。
 SMIクライアントにとられ、幸多き年となりますこと祈念いたします。 さて、今年も産業界においては、人手不足が予想されています。そこで、そうした状況を打破していく上で参考となるSMI体験談を紹介させて頂きます。新潟市のデッキー401に評判の素敵な化粧品店があります。(株)三日月化粧品店の三日月社長が経営されているBeauty Cosme三日月”です。そこは以前も化粧品店があり採算がとれず、撤退した立地を引き継いだ場所でした。しかしみごとに黒字転換させ、現在超多忙の店へと成長させてきました。下記はその三日月社長ご自身と会社の成長の記録です。

SMI導入期〉⇒プログラムの言葉を拒否する
 三日月社長がSMIプログラムを採用したのは、先代の社長(実父)が突然亡くなられ、シブシブ経営を引き継いだ29歳の時でした。そうした状況で、商店街の尊敬する先輩の紹介でSMIを採用してみたが、SMIに対する期待は全くなかった。だから当初は、SMIの内容が皆、虚言か絵空事にさえ聞こえたと言う。しかし、せっかく投資したんだから元を取らなければ損だ、の思いだけで続けてきたと言う。

SMI実践期〉⇒プログラムの言葉が自分の考えと一致し同化する
経営者として独り立ちせざるを得ない状況になり、自分を変革する必要に迫られていく。そうした切羽詰まった状況の中で、SMI早朝ミーティングに本気で参加するようになる。その頃の状況は、新人が来ては辞め、来ては辞めを繰り返していた。経営者とスタッフの信頼関係が無いために、スタッフ同士も互いに疑心暗鬼の状態に陥っていた。「三日月化粧品店は、毎週人を募集しているけど、余程きつい職場なんだね」と揶揄する人さえいた。

社長は「オレが5人いれば、店は必ず上手くいく」「なんでうちはこんな人間しか集まらないんだ」「大の大人が揃っているのになぜ仲良くできないのだ」といつも愚痴をこぼしていた。私はそうした言葉に対し“4番バッターが5人いても強くはなりません。”“あなたが望む人が来るのではなく、あなたと同じ人が集まってきているんです”“社長自身が自分を受け入れた量だけ、人を受け入れられるようになるんです”といった言葉を繰り返していた。よくこうした厳しい言葉にも耐えて下さったなと思う。この状態では店は駄目になる、自分を変えて組織を変革しなければならないという思いから、DPMプログラムによるSMI社内塾を導入する。SMIカンパニープログラムを採用した以上、SMIにどっぷり浸かって自分を変えていこうと強く決心する。しかし、それは古い習慣との闘いの始まりでもあった。プログラムとの悪戦苦闘がしばらく続いた。しかし、そのころから不思議なことに、採用していたSMIのリーダーシッププログラムやマネジメントプログラムの言葉が、心に留まるようになって同化していた。SMIプログラムのフレーズが自然と口から出るようになっていた。それは10年、SMIを続け反復してきた成果だった。

そうした時、2004年の年末、飲食店からの類焼により店が全焼してしまった。しかし燃える炎を見ながら「必ずすぐに復活して見せる。今まで以上の店を作って見せる」と心に誓っていたという。「そのような心境になれたのは、間違いなくSMIの成果です。以前教わったように、問題の陰には必ず5つ以上の恩恵があるとの教えを思い出して、書き始めたら30以上の利益と恩恵を書き出すことができました」と言って下さった。そしてその言葉の通り、他の店が中々立ち上がれないでいる中、三日月さんは二週間後には仮店舗を出し、一番に復活した。それが他の店の励みにもなったという。

SMI具現期〉⇒SMIと完全に同化する、そして伝える責務
SMIを30年学び、実践されてきた三日月さんは今、高い境地で物事を観ておられる。そしてトータルパースンを探求し、辿り着いた「人生は善く生きることに尽きる」を信条としている。

昨年末、大きな人事の問題が起きた。新店舗を構えて、足掛け7年をかけて育ててきた店長が結婚のため、仙台へ越すことになった。やはりショックだった。人生のこと、これからの店の運営のことなど、なんでも話し合ってきていただけに本当に残念だった。しかし彼女の幸せのため、また店がもう一段新しく生まれ変わるチャンス、と捉えることとした。それでも、現在の人手不足の折、店長に代わるような人材が来てくれるのだろうかと不安もあった。そうした時に、SMI早朝ミーティングで学んでいた言葉が心に浮かんだ。「徳は弧ならず、必ず隣あり」「あなたが望む人でなく、あなたと同じ人が集まってくる」と。その言葉の通り、2週間後「こちらで働かせていただけないでしょうか」と、とても感じの良い女性が店を訪ねてきてくれた。それから3か月、その彼女も今では有力なスタッフになりつつあるという。店長が新潟を去る前々日に送別会を開いた。その席で店長が「私は今度新潟に帰ってくるとき、実家よりもこの三日月化粧品店に来るのが一番の楽しみです」と言ってくれた。涙、涙のお別れ会となった。その言葉は本当にうれしかった。今までやってきたことは間違いなかったと、確信させてくれる一言だった。

今、三日月社長は会社の新しい展開を見据えている。それも全て人材があっての物種である。今年もSMIのリーダーシッププログラムを中心として、新しいステージに上がるために、新たな学びに挑戦しようと決意されている。(小杉) 2019年初春

   平成30年SMI雑感へ
   平成29年SMI雑感へ
   平成28年SMI雑感へ

 

《過去のSMI雑感タイトル》


〔平成31年〕
1月 新潟に帰ったら、お店によることが一番の楽しみなんです

〔平成30年
12月 一隅を照らすモティベーターとして生きる
11月 山梨県が日本一の健康長寿県の理由!?
10月 「ウサギとカメの童話」 カメの勝因は!?
9月 「あなたは何に熱中しでいますか!」
8月 “小さな大成功者“尾畠春夫さん!
7月 SMIは2万冊の内容が収まっていますね
6月 「誰がために鐘は鳴るやと・・・」
5月 社長、私の給料は下げてください!
4月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」A
3月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」@
2月 「そだね〜」がチームを活性化する
1月 「仕事?−はい大好きです」


〔平成29年〕
12月 今年も届いた素敵なクリスマスカード
11月 「リコール」の手紙
10月 いつも勝つのは亀なのです!
9月 子供たちの夢を磨いているのや!
8月 ドラッカーのリトマス試験紙
 
7月 「働き方改革」の本質
6月 片手で卵を簡単に割る方法!?
5月 私には1年のセールス経験が10回あるのですよ?
4月 久しぶりのベーシック・トレーニング
3月『ACT AS IF』を人生に生かす
2月 SMIやれば病気にならない!?
1月 天を畏れ、天を敬い、堂々と生きる一年に


〔平成28年〕
12月 来年のことを言うと鬼が笑う!?
11月 「鬼平犯科帳」
10月 「2日で再開して下さい!」
9月 「売れば分かる!」
8月 「ハイポ
7月 年齢の秘密
6月 負の能力
5月 星山教室
4月 「人生は邂逅である」
3月 成功は常識に支えられている
2月 現代に『学者』はいない!?
1月 品性が運命を決める!


〔平成27年〕
12月 「間を置いた反復」SMIの特許です!?
11月 仕事の報酬は仕事である
10月 『覚悟』が結果を決める!

9月 1+1=1000 !?
8月 Iam a special person
7月 「本好き」の悩み
6月 与え続ける人
5月 人類を救う力?それは想像力だ!
4月 『古典』としてのSMIプログラムU
3月 『生活力』こそが能力発揮の土台
2月 『古典』としてのSMIプログラム
1月 SMI日本上陸50周年



〔平成26年〕
12月 パーソナル・ミッションステートメントのすす
11月 「沈黙」と潜在能

10月 「分かりやすくし過ぎる」ことの弊害
 多様性ある組織が生き残る
8月 健康やお金がなくても生きていける。しかし勇気がないと・・
7月 自己啓発=独学の進め



平成27年SMI雑感へ
平成25年・26年SMI雑感へ
平成23年・24年SMI雑感へ
平成22年以前のSMI雑感へ

◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナル(http://www.smi-japan.jp)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



ポールJ・マイヤーへ




SMIインターナショナル公認代理店

(有)サクセス・ギャランティー新潟
〒950−0921 新潟市中央区京王1-2-21
tel ; 025-286-5488
fax ;025-286-1581
E-mail success8@sg-n.co.jp
URL http://www.sg-n.co.jp/