新潟県のSMI公認代理店サクセス・ギャランティー新潟のサイト

万人の成功を考えるSMI公認代理店のサクセスギャランティー新潟と新潟SMIクラブのサイト

 
ものの時代から心の時代へと言われて久しい。そして今世紀は『命の世紀』とも言われる。いま、社会に必要とされる企業は、設備投資から人財資源への投資へと舵をきっています。2011年の大震災後はこの流れは益々加速していると言われます。今まで、世の中に物は満ちあふれていましたが、多くの人は生きがいや夢・目標を失っていました。また、この震災を機会に多くの人が生きがいや働きがい、そして人生の意義を自らに問いかけています。そのような『自己認識』への思いと真のモティベーションは深く繋がっています。なぜならそうしたことを明確にした人はモティベーションが高まり、生きる意欲が湧き、潜在能力を発揮してくるようになるからです。当社は今後も、そうした点で多くの実績を残してきたSMIのアイデアを、一人でも多く知って頂き、そして一社でも多くご活用頂けるよう努力して参ります。 

SMIの創業の理念
《最高の価値ある生き方−「トータルパースン」を目指して》
 
SMI(Success Motivation Institute )は1960年にアメリカのポールJ・マイヤーによって設立されました。SMIでは国や民族を問わず、世界の誰もが豊かな潜在能力を持っている。そして、その潜在能力を活かした人生を送るために、人生六分野のバランスのとれた生き方を提唱しています。則ち家庭生活面での成功、経済職業面での成功、教養文化面での成功、社会生活面での成功、精神倫理面での成功、そして健康身体面での六つの成功です。この人生六分野をバランスよく目指す人をSMIでは最高の価値ある生き方として「トータルパースン(全人格)の人」と言います。トータル・パースンのページへ)
会社概要 SMIについて 個人情報保護 SMI社内塾について 今月の『SMI雑感』へ
SMIユーザー紹介ーNO31
 新潟市北区
 有限会社 星 山 米 店  

新潟市北部工業団地   有限会社 星山米店  代表取締役 星山恒広 氏   

 今回のこのコーナーは二度目の紹介になる星山米店の星山社長です。星山さんと弊社とのお付き合いは26年になります。

 星山米店さんは、お付き合いが始まった頃は、まだ売上げは1億円に満たない小さなお米やさんでした。SMIプログラムを採用され、実践されると共に、数年後には14億円の売上げを上げる、新潟でも指折りの米販売会社となりました。

 星山さんは一般のお米やさんが「不利だ、難しい環境だ」と言った時を、ことごとくチャンスに変えてきました。米の販売が許可制から届け出制に変わった時、殆どの米屋さんは「大変だ、どこででも米が売れるようになる、うちはやっていけなくなる」だった。星山さんは違った。「今度はどこででも米が売れるようになる、これはチャンスだ!」と言い、そしてその言葉通り、業界を揺るがせた法改正もチャンスにして売れ上げを伸ばしていきました。 

 その後も、米不足、米の消費の減少、海外産米との競争等と色々とあました。しかし星山さんではそうした変化にも、必ずチャンスが生まれるというSMIイズムを信条とし、実践し、発展して来られた。そして昨年の秋に、手狭になった事務所を出て、5000俵はいつでも保管できる倉庫をということで、新たな施設を構えられた。(※上記写真)

 多くの方が星山さんの考え方に刺激を受けている。弊社も星山さんの成長を見させて頂き、SMIに対する思いを一層強くさせてもらった。SMIを共に学ばせて頂いていることに感謝し、星山さんが今後、どのように発展し、成長されていくかを楽しみにさせて頂いている。
                                 


【このコーナーでこれまで紹介したSMIクライアントの皆様】

1,(株)伊平板金工業所 2,(有)星山米店 3,(株)三日月化粧品店 4,(株)新潟クボタ 5,(株)長井ロングオート  6,新極真会新潟支部道場 7,フリースクール寺子屋ありがとう 8,(株)マルシン食品  9,(有)佐上商会  10,(株)阿賀・グローバル  11,(株)やま電  12,農業法人石山農産  13,(有)中条農産  14,中村スタジオ  15,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』  16,剣舞道場『峰精館」 17,小池ろうそく店  18抗酸化陶版浴『ここゆ』  19,竹内歯科クリニック   20,(株)丸菱電子 21,(株)千手   22,そば処『藪蕎麦』   23,(株)佐藤重機建設   24,新発田商業高校女子バレーボール部  25,(株)フエキ農園 26,(株)高建・高建グループ 27,コバック豊坂店・新発田店  28,山川建築事務所  29,(株)大滝自動車  30,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』U
★☆今月と来月のフォロー・セミナーのお知らせ


《平成28年9月の予定》
第13期SMIビジネス塾 テーマ「論語」に学ぶ ◇第9回「人間一生の本懐をどこに求めるか」
 ◇予定日 平成28年9月21日PM7:00〜8:50 ◇会場 新潟ユニゾンプラザ 小会議室4
第28期SMIモーニングアカデミー テーマ「古典」に学ぶ ◇第9回「困難こそ“幸福の母”」
◇予定日 平成28年9月18日(日) ◇会場 新潟会館 1F喫茶室

《平成28年10月の予定》
■第13期SMIビジネス塾 テーマ「論語」に学ぶ ◇第10回「共に生きるに足る友、切り捨てる友」
 ◇予定日 平成28年10月19日(水)PM7:00〜8:50 ◇会場 新潟ユニゾンプラザ 4F和室 
■第28期SMIモーニングアカデミー テーマ「古典」に学ぶ ◇第10回「人を見抜く方法
 ◇予定日 平成28年10月18日(日) ◇会場 新潟会館 1F喫茶室

■第2回星山教室 テーマ「ミッションステートメントを作る法」
 ◇予定日 平成28年10月26日
 ◇会場 (有)星山米店2F 会議室 星山教室パンフへ

  ※ケースによって日時や内容等の変更がある時があります。事前に下記まで連絡下さい。

《今月のSMI雑感》

  「ハイポ」

 リオ・オリンピックは日本にとっては素晴らしい大会となった。一人ひとりの選手に、それぞれドラマがあった。メダリスト達が第二、第三の力を発揮していく姿に人間の無限の可能性を見せてもらった。

 特にシンクロの銅メダルの選手達の練習の過酷さを聞いて「・・・運動選手達の言う『第2の力(second wind)』が十分に存在するのですが、その力は『第1の力』を使ってしまわなければ出てこないのです」という、DPMプログラムLesson2「豊かさの世界」のフレーズをあらためて思い出していた。

 井村監督は「ハイポ」という過酷なメニューを選手に課した。これは最後の粘りを出す練習法だ。新聞の記事に「25メートルの潜水を挟む数百メートルのスイムを各自のベスト記録に近い制限タイムが切れるまでくり返し、息も絶え絶えになった状態でプログラムを演じる。これをほぼ休息なしで3〜4セットの約1時間半、高い負荷で泳ぎっぱなしだ。・・・そうして培かった馬力を発揮した吉田は『ハイポはもう一生やりたくない。思い出すだけでも吐きそう』と笑った。限界を超えた鍛錬が伝統を取り戻すメダルに繋がった。(共同通信)」とあった。正にこの「ハイポ」は選手達の第2の力、第3の力を発揮させた。

 シンクロというスポーツは“水の中にあって”ということで、最も過酷なスポーツだ。NHKの「ミラクル・ボディ」では、ロシアのシンクロ金メダリスト、イーシェンコ選手の脾臓が長期の訓練によってイルカと同じ程度の機能を発揮していたと報じていた。それによって3分以上の無呼吸状態にあっても、水中でのシンクロの動作が可能になっていた。一般の人の5倍の能力だ。これはシンクロという競技の過酷さと、人間が持つ潜在能力の豊かさと、奥深さを物語っている。

 井村監督は「(そうした積み重ねで)ただのシンクロが好きな選手から、メダルをねらうアスリートになった」と語った。選手は「(結果を出し)先生の誕生日プレゼントにしたい」と言い、実現させた。監督と選手は結果を通して信頼関係を培っていった。

 今度のオリンピックでは、上記と同等の練習を自らに課したメダリストも少なからずいたことと思う。しかし、過酷な練習だけがメダルの十分条件ではない。選手にはどうしても精神面を支えることによる、第2、第3の力の発揮が必要だ。

★重量挙げの三宅選手は「親子鷹」と「あきらめない」の心で、第2、第3の力を発揮し、銅メダルに輝いた。バーベルに優しく触れたときの笑顔は素敵だった。
★卓球の三人娘は「メダルへの思い」と「絆」で、第2、第3の力を発揮し、銅メダルを勝ち取った。福原選手の涙も印象的だった。
★テニスの錦織選手は「自信」と国を背負うという「自負心」で、第2、第3の力を発揮し、ラケットで銅メダルをもぎとった。「何かを得た」という言葉には重みがあった。
★柔道の大野選手は、「美しい技」と「礼」へのこだわりで、第2、第3の力を発揮し待望の金メダルを手にし、その後の選手に勢いをつけた。
★競泳の萩野選手は「ライバル」と昨年のケガでの「負の能力」で第2、第3の力を発揮し、金メダルを獲得し、その後の日本選手に「いける」という思いを抱かせた。
★レスリングの伊調選手は「姉妹愛」と「家族愛」で第2、第3の力を発揮し、4連覇を成し遂げた。国民栄誉賞は当然か。
★体操の男子は「団結力」とチームで次々に起きた「負の能力」によって第2、第3の力を発揮し、金メダルを5人の力で掴み取った。体操は個人演技だが、集団演技にさえ見えた。
★陸上の400メートルリレーの4人のサムライは、日本人の「技術力」と「信頼感」で第2、第3の力を発揮し、初の銀メダルを、走り取った。そして世界を驚かせた。

 等々、皆、個性的で、人間的で、魅力的だった。第2、第3の力で潜在能力を出し切った人間の笑顔は本当に優しく美しい。猛暑の夏、若いアスリート達の涼風が吹き抜け、さわやかな感謝の夏となった。(2016/8/25)

   平成28年SMI雑感へ

   平成27年SMI雑感へ

 
《過去のSMI雑感タイトル》



〔平成28年〕

8月 「ハイポ
7月 年齢の秘密
6月 負の能力
5月 星山教室
4月 「人生は邂逅である」
3月 成功は常識に支えられている
2月 現代に『学者』はいない!?
1月 品性が運命を決める!

〔平成27年〕
12月 「間を置いた反復」SMIの特許です!?
11月 仕事の報酬は仕事である
10月 『覚悟』が結果を決める!

9月 1+1=1000 !?
8月 Iam a special person
7月 「本好き」の悩み
6月 与え続ける人
5月 人類を救う力?それは想像力だ!
4月 『古典』としてのSMIプログラムU
3月 『生活力』こそが能力発揮の土台
2月 『古典』としてのSMIプログラム
1月 SMI日本上陸50周年


〔平成26年〕
12月 パーソナル・ミッションステートメントのすす
11月 「沈黙」と潜在能

10月 「分かりやすくし過ぎる」ことの弊害
 多様性ある組織が生き残る
8月 健康やお金がなくても生きていける。しかし勇気がないと・・
7月 自己啓発=独学の進め

月 「一・現・肯・楽
月 本物と偽物どちらがよいか・・・
月 現代の問題は人間が考えなくなっていることだ 
3月 勝利者は「しがみつく」生き方の人だ
2月 レジェンド葛西に思ったこと
1月 あなたの運命を支配するのは誰か?

〔平成25年〕
2月 自己受容そして自己実

1月 トキ踏んじゃった
10月 三人の石工
9月 奉仕の欲求
8月 マイブーム「小林秀雄」

7月 「どんなふうに育てたんですか」
6月 『女の勘』
5月 「希望のシンフォニー」
4月 「オレは絶対に首にならない」
3月 メールでは伝わらないもの
月 三つの自由が「体罰」なくす
1月 10年目の「大人の遠足」




平成25年・26年SMI雑感へ

平成23年・24年SMI雑感へ

平成22年以前のSMI雑感へ

◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナル(http://www.smi-japan.jp/)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



ポールJ・マイヤーへ




SMIインターナショナル公認代理店

(有)サクセス・ギャランティー新潟
〒950−0921 新潟市中央区京王1-2-21
tel ; 025-286-5488
fax ;025-286-1581
E-mail success8@sg-n.co.jp
URL http://www.sg-n.co.jp/


HOME TOP      
 
Copyright (C) 2007-2016 SUCCESS GURANTEE NIGATA Corporation. All Rights Reserved