新潟県のSMI公認代理店サクセス・ギャランティー新潟のサイト

万人の成功を考えるSMI公認代理店のサクセスギャランティー新潟と新潟SMIクラブのサイト

 
 ものの時代から心の時代へと言われて久しい。そして今世紀は『命の世紀』とも言われる。いま、社会に必要とされる企業は、設備投資から人財資源への投資へと舵をきっています。2011年の大震災後はこの流れは益々加速していると言われます。今まで、世の中に物は満ちあふれていましたが、多くの人は生きがいや夢・目標を失っていました。また、この震災を機会に多くの人が生きがいや働きがい、そして人生の意義を自らに問いかけています。そのような『自己認識』への思いと真のモティベーションは深く繋がっています。なぜならそうしたことを明確にした人はモティベーションが高まり、生きる意欲が湧き、潜在能力を発揮してくるようになるからです。当社は今後も、そうした点で多くの実績を残してきたSMIのアイデアを、一人でも多く知って頂き、そして一社でも多くご活用頂けるよう努力して参ります。 

SMIの創業の理念
《最高の価値ある生き方−「トータルパースン」を目指して》
 
SMI(Success Motivation Institute )は1960年にアメリカのポールJ・マイヤーによって設立されました。SMIでは国や民族を問わず、世界の誰もが豊かな潜在能力を持っている。そして、その潜在能力を活かした人生を送るために、人生六分野のバランスのとれた生き方を提唱しています。則ち家庭生活面での成功、経済職業面での成功、教養文化面での成功、社会生活面での成功、精神倫理面での成功、そして健康身体面での六つの成功です。この人生六分野をバランスよく目指す人をSMIでは最高の価値ある生き方として「トータルパースン(全人格)の人」と言います。(※トータル・パースンのページへ)
会社概要 SMIについて 個人情報保護 今月のSMI雑感 SMI社内塾について
SMIクライアント紹介ーNO34
 新潟県新潟市西区
 株式会社 マルシン食品株式会社 

 マルシン食品(株)白根第2工場
【マルシン食品白根第2工場】
 ISO22000とFSSC22000を取得した工場は、衛生的で生産が上がる仕組みで、働きやすい労働環境となっている。また、昔ながらの手作りの良さも活かしながら、衛生と品質管理を高めるため最先端の設備や技術も導入している。しかし「製品の質はそれを作る人の質である」という言葉に象徴されるように、いくら工場の環境が整ったとしても、結局そこで働く人の人間性と心構えで決まる。生産現場を、これからも新たな製品が生まれる“可能性の場”と位置づけ。昨日より今日、今日より明日というSMI精神に則り、日々研鑽を重ねている。
【東日本大震災被災者支援で始めた感謝祭】
 2011年の被害大震災の年より、お世話になった東北の方々の被災を目の当たりにして、少しでも力になれたらとの思いで、白根第2工場の敷地で感謝祭を始めた。当初は集客に苦心したが、今では地元の人達が年末に楽しみにされる一大イベントに成長した。昨年(2019年12月27日)は4000名もの人が集まってくださり、大好評を博した。

 新潟市西区   マルシン食品株式会社 代表取締役社長 新保清久氏  

 今回ご紹介させて頂くSMIクライアントは、大正11年(1922年)の創業以来 一世紀に渡り、顧客第一主義を貫き発展し続ける新潟市のマルシン食品株式会社代表の新保清久氏です。
 新保社長とお付き合いされている方は異口同音に「新保さんはいつもニコニコと笑顔で、こちらも穏やかな気持ちになる」と仰られる。また「あの旺盛なチャレンジ精神は、どこから生まれるのだろうか」と言われる方も多い。新保社長が代表になられて30年、食品業界も激変する中にあって、会社の経営を左右する分水嶺に何度も遭遇した。その都度、SMIイズムをもって真正面より対峙し、問題や課題をチャンスに変えてきた。現在、会社は社員200名、33億を売上げ、県内外に12の拠点を持つ組織となった。平成24年には食品業界にあって、県内で数社しか取得しておらず、取得はとても難しいと言われるISO22000とFSSC22000を取得した。取得の為に選抜したメンバーに伝えると「それは無理です」という言葉は全く出ず、「社長、是非やりましょう」となった。これらのことも、人間性と心構えを重視し、人材育成されてきた成果と感じた、と言われる。
 また、ロータリアンとしても長年活躍されている新保社長は、一昨年(2018年)には新潟県内のロータリアン2,100名のガバナー(代表)という重責を担われた。そして経営を任せられる状況にある今は、全国餅工業協同組合理事、また日本鏡餅組合の副理事長としての職責を果たすべく、業界の発展の為、尽力を注いでおられる。


【このコーナーでこれまで紹介したSMIクライアントの皆様】

1,(株)伊平板金工業所 2,(有)星山米店 3,(株)三日月化粧品店 4,(株)新潟クボタ 5,(株)長井ロングオート  6,新極真会新潟支部道場 7,フリースクール寺子屋ありがとう 8,マルシン食品(株)  9,(有)佐上商会  10,(株)阿賀・グローバル  11,(株)やま電  12,農業法人石山農産  13,(有)中条農産  14,中村スタジオ  15,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』  16,剣舞道場『峰精館」 17,小池ろうそく店  18抗酸化陶版浴『ここゆ』  19,竹内歯科クリニック   20,(株)丸菱電子 21,(株)千手   22,そば処『藪蕎麦』   23,(株)佐藤重機建設   24,新発田商業高校女子バレーボール部   25,(株)高建・高建グループ 26,コバック豊坂店・新発田店  27,山川建築事務所  28,(株)大滝自動車  29,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』U 30,(有)星山米店U 31,(株)伊平板金工業所U 32,(株)新潟クボタU 33,Beauty Cosme三日月 34,マルシン食品(株)U

★☆今月と来月のフォロー・セミナーのお知らせ


《令和2年2月の予定》
■第17期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「SMI×ドラッカーで経営チームをつくる」 ◇会場ホテルじょいあす1F小会議室
 ◇2月のテーマ「人間が人間らしくあるために」 ◇日時 令和2年2月18日(火)PM7:00〜PM9:00
■第33期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「ドラッカーに組織を学ぶ」 ◇会場 新潟会館1F喫茶室
 
◇2月のテーマ「経営者の仕事」 ◇日時 令和2年2月16日(日)AM6:30〜AM8:30)

《令和2年3月の予定》

■第17期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「SMI×ドラッカーで経営チームをつくる」 ◇会場ホテルじょいあす1F小会議室
 
◇3月のテーマ人間を中心にした組織」 ◇日時 令和2年3月17日(火)PM7:00〜PM9:00
■第33期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「ドラッカーの組織哲学」 ◇会場 新潟会館1F喫茶室
 
◇3月のテーマ「上司の指示は要らない」 ◇日時 令和2年3月15日(日)AM6:30〜AM8:30

※ケースによって日時や内容等の変更がある時があります。事前に下記まで連絡下さい。

《今月のSMI雑感》

「SMIを聞いて涙が止まらなかったんです」

 過日のSMIビジネス塾で、5年間皆出席のIさんが「私はSMIのDPMプログラムを採用し、初めて聞いたとき、涙が溢れてきて止まらなかったんです」と言っておられた。クライアントで、何人かの方が同じ事を言っている。私もいくつかのSMIプログラムで同じ経験をした。

■人は真・善・美に触れた時感動し、涙する

 人間は、真・善・美に触れたときに感動し、涙が止まらなくなるのだと思う。真(真理)・善(倫理)・美(芸術)といった人間の理想、普遍性に触れたとき、一人ひとりの心の奥深くにある共通潜在意識を通して、その魂がその言葉にハーモニーし反応するのだ。

 11年前に、ドラッカーの「マネジメント」を高校野球のチームに応用する、という物語でミリオンセラーになった『もし高校野球のマネージャーがドラッカーの【マネジメント】を読んだら』(※『もしドラ』ダイヤモンド社岩崎夏海著)の最初に、主人公の「みなみ』がそうした経験をする場面がある。

『その瞬問、みなみは電撃に打たれたようなショックを覚えた。そのため、思わず本から顔をあげると、しばらく呆然とさせられた。しかし、やがて気を取り直すと、再び本に目を戻し、その先を読み進めた。すると、そこにはこうあった。
 「・・・。マネジャーの仕事は、体系的な分析の対象となる。マネジャーにできなければならないことは、そのほとんどが教わらなくとも学ぶことができる。しかし、学ぶことのできない資質、後天的に獲得することのできない資質、始めから身につけていなければならない資質が、一つだけある。才能ではない。真摯さである。(※マネジメント130頁)

 みなみは、その部分をくり返し読んだ。特に、最後のところをくり返し読んだ。
-才能ではない。真摯さである。
それから、ポツリと一言、こうつぶやいた。
「……真摯さって、なんだろう?」
 ところが、その瞬間であった。突然、目から涙があふれ出してきた。
 それで、みなみはびっくりさせられた。自分がなんて泣くのか、よく分からなかったからだ。しかし、涙は後から後からあふれてきた。それだけでなく、喉の奥からは嗚咽も込
みあげてきた。おかげでみなみは、それ以上に本を読み進めることができなくなってしまった。・・・・・しばらくさめざめと泣き続けていた。』

 主人公は真摯さという言葉の意味さえよく分からないのに、その言葉に反応し涙を流す。正に主人公のみなみの魂が、真理の言霊に触れハーモニーしたのだ。

■現代人の問題は考えなくなったこと

 
現代人の最も重大な問題は、”考える事”をしなくなったことにあると言われる。多くの人が、ただ情報や、知識を集めることに腐心し、それを考えることと勘違いしている。
 単なる”もの知り”を特に嫌ったといわれる江戸時代の儒学者本居宣長は「考えることはその対象と交わることだ」と言った。私の敬愛する文筆家の池田晶子は「世界とは思考である。存在とは思考である。その意味での存在の真実を把んだと、その都度はっきりと感じ取るのだ。妙な言い方だが、考えるとは存在と交わる、存在と交情する、存在と恋愛関係に入るようなものではないだろうか」と説く。SMIプログラムは「自ら考え、自ら行動し、その結果に責任を持つ」というパーソナルモティベーションのプログラムだ。特に自ら考えることが鍵を握る。ここで言う”考える事”は、正に宣長や池田が指摘する“考える事“だ。

 SMIプログラムに触れ、涙したさんは「もしドラ」の“みなみのように、SMIで真理の言葉に出会い、その中に自分の人生において、考え、交わるべき言葉を発見し、涙したのだ。

■SMIは自ら考えるためのプログラム

 SMIプログラムは、その真理の言葉と人が、考え、交わるように作られている。プログラムの最も重要な鍵となっている「行動計画」は常に、自己との対話を要求し、真実の自己であれと、導いていく。そして「音」による真理の言葉を『間をおいた反復』によって、日々に触れ、考え、交わることで、自己の奥深く眠っていた潜在力が引き出されていく。

 SMIは虚心になって進めていくと、必ず自分自身で考えるようになり、対象と交わるようにできている。だからこそ、どんなに激しく大きく変化する時代にあっても、深い洞察力が開発され、パーソナル・モティベーションを駆使し、そうした変化をもチャンスに変えていくことができるように成っていく。(小杉)  2020/02/20
                     



    令和2年SMI雑感へ
   令和元年(平成31年)SMI雑感へ
   平成30年SMI雑感へ


 
《過去のSMI雑感タイトル》

〔令和2年〕
2月 SMIを聞いて涙が止まらなかったんです
1月 SMI×ドラッカー=ONE TEAM

〔令和元年(平成31年)〕
12月 今、仕事が心地よいんです!
11月 フランシスコ教皇来日に思ったこと
10月 ラグビー日本チームと応援パワー
9月 久しぶりのSMI懇親会
8月 『社風』の力
7月 TO DO LIST健康法
6月 「100歳になっても、チャレンジする目標さえあれば・・・」
5月 現代の『むごい教育』
4月 「グッドモーニング」!
3月 あなたは”胸像”にどんな言葉を刻みますか
2月 ゾウのストレス解消法
1月 新潟に帰ったら、お店によることが一番の楽しみなんです

〔平成30年
12月 一隅を照らすモティベーターとして生きる
11月 山梨県が日本一の健康長寿県の理由!?
10月 「ウサギとカメの童話」 カメの勝因は!?
9月 「あなたは何に熱中しでいますか!」
8月 “小さな大成功者“尾畠春夫さん!
7月 SMIは2万冊の内容が収まっていますね
6月 「誰がために鐘は鳴るやと・・・」
5月 社長、私の給料は下げてください!
4月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」A
3月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」@
2月 「そだね〜」がチームを活性化する
1月 「仕事?−はい大好きです」


〔平成29年〕
12月 今年も届いた素敵なクリスマスカード
11月 「リコール」の手紙
10月 いつも勝つのは亀なのです!
9月 子供たちの夢を磨いているのや!
8月 ドラッカーのリトマス試験紙
 
7月 「働き方改革」の本質
6月 片手で卵を簡単に割る方法!?
5月 私には1年のセールス経験が10回あるのですよ?
4月 久しぶりのベーシック・トレーニング
3月『ACT AS IF』を人生に生かす
2月 SMIやれば病気にならない!?
1月 天を畏れ、天を敬い、堂々と生きる一年に

〔平成28年〕
12月 来年のことを言うと鬼が笑う!?
11月 「鬼平犯科帳」
10月 「2日で再開して下さい!」
9月 「売れば分かる!」
8月 「ハイポ
7月 年齢の秘密
6月 負の能力
5月 星山教室
4月 「人生は邂逅である」
3月 成功は常識に支えられている
2月 現代に『学者』はいない!?
1月 品性が運命を決める!

〔平成27年〕
12月 「間を置いた反復」SMIの特許です!?
11月 仕事の報酬は仕事である
10月 『覚悟』が結果を決める!

9月 1+1=1000 !?
8月 Iam a special person
7月 「本好き」の悩み
6月 与え続ける人
5月 人類を救う力?それは想像力だ!
4月 『古典』としてのSMIプログラムU
3月 『生活力』こそが能力発揮の土台
2月 『古典』としてのSMIプログラム
1月 SMI日本上陸50周年


平成29年SMI雑感へ
平成28年 SMI雑感へ
平成27年 SMI雑感へ
平成25年・26年SMI雑感へ
平成23年・24年SMI雑感へ
平成22年以前のSMI雑感へ

◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナル(http://www.smi-japan.jp)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。


 SMI創立者 ポールJ・マイヤーへ

【お問い合わせ先】


SMIインターナショナル公認代理店

有)サクセス・ギャランティー新潟
〒950−0921 新潟市中央区京王1-2-21
tel ; 025-286-5488
fax ;025-286-1581
E-mail success8@sg-n.co.jp
URL http://www.sg-n.co.jp/