新潟県のSMI公認代理店サクセス・ギャランティー新潟のサイト

万人の成功を考えるSMI公認代理店のサクセスギャランティー新潟と新潟SMIクラブのサイト

 
 ものの時代から心の時代へと言われて久しい。そして今世紀は『命の世紀』とも言われる。いま、社会に必要とされる企業は、設備投資から人財資源への投資へと舵をきっています。2011年の大震災後はこの流れは益々加速していると言われます。今まで、世の中に物は満ちあふれていましたが、多くの人は生きがいや夢・目標を失っていました。また、この震災を機会に多くの人が生きがいや働きがい、そして人生の意義を自らに問いかけています。そのような『自己認識』への思いと真のモティベーションは深く繋がっています。なぜならそうしたことを明確にした人はモティベーションが高まり、生きる意欲が湧き、潜在能力を発揮してくるようになるからです。当社は今後も、そうした点で多くの実績を残してきたSMIのアイデアを、一人でも多く知って頂き、そして一社でも多くご活用頂けるよう努力して参ります。 

SMIの創業の理念
《最高の価値ある生き方−「トータルパースン」を目指して》
 
SMI(Success Motivation Institute )は1960年にアメリカのポールJ・マイヤーによって設立されました。SMIでは国や民族を問わず、世界の誰もが豊かな潜在能力を持っている。そして、その潜在能力を活かした人生を送るために、人生六分野のバランスのとれた生き方を提唱しています。則ち家庭生活面での成功、経済職業面での成功、教養文化面での成功、社会生活面での成功、精神倫理面での成功、そして健康身体面での六つの成功です。この人生六分野をバランスよく目指す人をSMIでは最高の価値ある生き方として「トータルパースン(全人格)の人」と言います。(※トータル・パースンのページへ)
会社概要 SMIについて 個人情報保護 今月のSMI雑感 SMI社内塾について
SMIクライアント紹介ーNO35
 新潟県見附市西区
 株式会社 クスミ(※旧社名 久住商会) 

 新潟県見附市   株式会社クスミ (※旧社名 有限会社久住商会)  

 
「SMIのフレーズを社内共通語に!」
 今回紹介させて頂くSMIクライアントは、見附市の自動車販売整備会社(株)クスミさんです。(株)クスミさんは地域密着を徹底されてきた会社です。現在4店舗になったのも、地域密着の店を徹底して目指した当然の帰結でした。全て事業の活動は、“どう地域に役立つか”を基準に判断され、決められ、実践されていく。そのことが会社の基本理念にも明確に謳われている。

《 株式会社クスミ 基本理念 》我が社は知恵と汗で地域社会に貢献し信頼される会社になる。
1、お客様に喜ばれ、感謝される会社になる 2、社員、その家族に豊かさを感じられる会社になる 3、お取引先に協調と健全を付与する会社になる


 (株)クスミさんはホンダカーズとして、県央地区のホンダ四輪の代理店という責任も担っておられる。そうした地域密着の方針が実現されてきた結果として、見附市は県内においては非常にホンダ車のシェアの高い地区となった。
 SMIは先代の時より皆で学び続け、足かけ30年にもなる。会議やミーティングにおいてもアファーメーションやビジュアリゼーションという言葉が飛び交うことも多いと言われる。今は、SMIのフレーズを社内共通語にしようと、学び続けておられる。
 今、自動車業界も大転換の時代。(株)クスミさんは、SMIイズムを土台にし、この時代の変化を大きなチャンスとしていかれる。地域において、今後の発展が益々期待されている会社だ。


【このコーナーでこれまで紹介したSMIクライアントの皆様】

1,(株)伊平板金工業所 2,(有)星山米店 3,(株)三日月化粧品店 4,(株)新潟クボタ 5,(株)長井ロングオート  6,新極真会新潟支部道場 7,フリースクール寺子屋ありがとう 8,マルシン食品(株)  9,(有)佐上商会  10,(株)阿賀・グローバル  11,(株)やま電  12,農業法人石山農産  13,(有)中条農産  14,中村スタジオ  15,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』  16,剣舞道場『峰精館」 17,小池ろうそく店  18抗酸化陶版浴『ここゆ』  19,竹内歯科クリニック   20,(株)丸菱電子 21,(株)千手   22,そば処『藪蕎麦』   23,(株)佐藤重機建設   24,新発田商業高校女子バレーボール部   25,(株)高建・高建グループ 26,コバック豊坂店・新発田店  27,山川建築事務所  28,(株)大滝自動車  29,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』U 30,(有)星山米店U 31,(株)伊平板金工業所U 32,(株)新潟クボタU 33,Beauty Cosme三日月 34,マルシン食品(株)U 35,(株)クスミ

★☆今月と来月のフォロー・セミナーのお知らせ

《令和3年1月の予定》
■第18期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「渋沢栄一&ドラッカーに学ぶ」 ◇会場 新潟ユニゾンプラザ4F小会議室
 ◇1月テーマ「オリエンテーション」 ◇日時 令和3年1月19日(火)PM7:00〜PM9:00
■第34期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「人生の判断基準を学ぶ」 ◇会場 東横イン新潟駅前3F会議室
 ◇1月テーマ「オリエンテーション」 ◇日時 令和3年1月17日(日)AM6:30〜AM8:30

《令和3年2月の予定》
■第18期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「渋沢栄一&ドラッカーに学ぶ」 ◇会場 新潟ユニゾンプラザ4F小会議室
 ◇2月テーマ「渋沢栄一を讃えたドラッカー」 ◇日時 令和3年2月16日(火)PM7:00〜PM9:00
■第34期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「人生の判断基準を学ぶ」 ◇会場 東横イン新潟駅前3F会議室
 ◇2月テーマ「普遍的モノサシを持つ意味」 ◇日時 令和3年2月21日(日)AM6:30〜AM8:30分

※上記いずれのセミナーも、新型コロナ対応のマスク着用とソーシャルディスタンスで実施します。
※SMIビジネス塾は今年中に「長岡教室」を開校する予定です。会場の関係で、新型コロナの状況を見ながら実施していきます。
※ケースによって日時や内容等の変更がある時があります。事前に下記まで連絡下さい。

《今月のSMI雑感》

  人生を変えた新島昇先生との出会い

 新年おめでとうございます。
 SMIクライアントにおかれては、コロナ騒動の中にあってもあるがままを受け入れ、目標を明確にし、やるべき事をしっかりと見つめて前向きに1つ1つを実践されておられることと存じます。

 年が明け年賀状が届くと、あらためて多くの出会い
に感謝させて頂く。人生は“出会い”で決まる。私のSMIとの出会いも、恩師の新島昇先生による。今年も先生から賀状が届いた。その賀状に「小杉さんのお陰で善い人生となりました。感謝です」とあった。先生は謙虚な方で、むしろ私が書くべき言葉がそこに綴られていた。
 
■新島昇先生との出会い

 私は鈴木自動車(※現(株)スズキ)に入社し、販売代理店である栃木スズキ販売に出向した。私は4輪の営業として県南地域(足利市、佐野市)を回っていた。そうした中で、『新島話し方教室−話し方であなたの人生は変わる』と書かれた看板を街のあちこちで見かけた。

 私は営業マンとして成績を上げたい、もっと人前で上手に話ができるようになりたいという思いで、その教室に飛び込んだ。教室は話し方の指導というより生き方の指導をする教室だった。私は週1回、水曜日に行われていた夜6時からの教室に通い始めた。1期(11回)を終了してもまだまだだと思い、参加し続け、とうとう11期通い続けた。回数にすると120回以上になっていたと思う。

 教室での学びは、大変な時もあったが楽しい教室でもあった。いつも受講生に笑顔があった。先生はほめ育ての人だった。そして私は時々先生の事務所を訪ねた。グチや相談ごとを聞いて頂きアドバイスをもらうことで、事務所は営業でかけずり回る私のオアシスのような場所になっていた。

■SMIとの出会い

 ある時、その事務所の片隅に置いてあった赤いカバンのことを先生に尋ねた。
「これはSMIというものです。私はここから学んだものを教室を通して皆さんにお伝えしているのです」と言われた。

 そして間もなく転勤により、県北の鹿沼市を担当することとなり、大きなカベにぶつかった。そこはスズキの占拠率が県内で最も低いところで、占拠率10%〜13%をうろうろしていた。それを25%まで持って行けというのが会社の私に対する期待だった。
 
 それを期に、私は先生が学んでおられるというSMIをやろうと決めた。そして先生にお願いして、SMIのモティベーターに我が家に来てもらった。それも「プログラムを持ってきて下さい」とお願いしての契約だった。そして私はずしりと重い赤いカバンのSMIプログラムを初めて手にした。その時の興奮は今もはっきりと覚えている。

 私は水を得た魚のように働いた。そして、『アルト』の新発売も重なって、数ヶ月にしてスズキの占拠率が、月によっては40%を越えるようになった。一年もすると、よく販売業者に言われたものだ。「鹿沼は軽自動車はみんなスズキになってしまうね」と。鹿沼市は県内でも有数の占拠率の高い市場に変わっていった。

 その後、営業においては、数回の年間功労表彰、新記録達成等と色々な経験をさせて頂いた。それらは新島先生とSMIとの出会いによるところが大きい。そして新島先生の「小杉さんはSMIの仕事が合っているんじゃないですか」の一言が切っ掛けとなり、SMIのモティベーターとなり、今がある。
 
■池田晶子との出会い 

 そのように出会いを振り返ると、正に“出会い”が人生を作ることを実感させられる。
 しかし出会いには、そうした生身の人間としての出会いと、もう一つ本を通しての、時間や空間を超越した出会いもある。
 ここ10数年読み続け、考え続けされている哲学者で文筆家の故池田晶子の本との出会いは、新潟県立図書館だった。正に本のタイトルが私の目に飛び込んできた。
それは“君自身にかえれ”という池田晶子と大峯顕氏の対談の本だった。私は衝撃を受けた。腎臓癌という死を目前にした女性が、ここまで深く考え語り、穏やかに、終末を全うしようとしていることに。そして池田晶子は「徹底して自ら考えろ、それこそが生を全うすること」「自ら考える人が増えることこそが、世界を平和にする唯一の方法」と説く。私はファンなった。私の人生は池田晶子との出会いで、より広く、より深くなった。

■新しい年を渋沢栄一と“出会う年”に

 今期のSMIビジネス塾は、SMIイズムを通し、渋沢栄一&ドラッカーという二人の巨人から学んでいく。それは渋沢とドラッカーとの本を通しての『出会い』である。そしてその出会いは皆さんとの対話を通してより深まっていく。そして渋沢栄一とドラッカーは自分の人生にとってかけがえのない人物となっていく。また二人はいつも数十年先、いや100年先を考え経営することを説いていた。今、持続可能な社会、SDGsが叫ばれるている。そうした実践を考える上でも、二人の考えは大いに参考になる。
 今期も、塾生お一人お一人が、渋沢栄一との出会いが素晴らしいものとなるように、真剣に、しかしワイワイガヤガヤ(※ツバが飛ばない程度に)と楽しく進めていきたいと思っている。この渋沢との出会いがどこまで深まっていくのか、今から楽しみにしている。  SMI小杉 (2021初春)


    令和2年SMI雑感へ
   令和元年(平成31年)SMI雑感へ
   


 
《過去のSMI雑感タイトル》

〔令和3年〕
1月 人生を変えた新島昇先生との出会い

〔令和2年〕
12月 「あと10年、続けてください!」
11月 どんちゃん騒ぎでもしているように仕事を楽しむ
10月 ある会社の“仕事賛歌”

9月 ピグマリオン効果
8月 佐賀のがばいばあちゃん
7月 『君子』は人の美を成す
6月 「今年の新茶はあまり美味しくないんですわ」
5月 正しい「問い」こそが答えだ!
4月 困っても、困ったらあかん!
3月 体内に同居する名医を活かし、コロナに対峙する
2月 SMIを聞いて涙が止まらなかったんです
1月 SMI×ドラッカー=ONE TEAM

〔令和元年(平成31年)〕
12月 今、仕事が心地よいんです!
11月 フランシスコ教皇来日に思ったこと
10月 ラグビー日本チームと応援パワー
9月 久しぶりのSMI懇親会
8月 『社風』の力
7月 TO DO LIST健康法
6月 「100歳になっても、チャレンジする目標さえあれば・・・」
5月 現代の『むごい教育』
4月 「グッドモーニング」!
3月 あなたは”胸像”にどんな言葉を刻みますか
2月 ゾウのストレス解消法
1月 新潟に帰ったら、お店によることが一番の楽しみなんです

〔平成30年
12月 一隅を照らすモティベーターとして生きる
11月 山梨県が日本一の健康長寿県の理由!?
10月 「ウサギとカメの童話」 カメの勝因は!?
9月 「あなたは何に熱中しでいますか!」
8月 “小さな大成功者“尾畠春夫さん!
7月 SMIは2万冊の内容が収まっていますね
6月 「誰がために鐘は鳴るやと・・・」
5月 社長、私の給料は下げてください!
4月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」A
3月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」@
2月 「そだね〜」がチームを活性化する
1月 「仕事?−はい大好きです」


〔平成29年〕
12月 今年も届いた素敵なクリスマスカード
11月 「リコール」の手紙
10月 いつも勝つのは亀なのです!
9月 子供たちの夢を磨いているのや!
8月 ドラッカーのリトマス試験紙
 
7月 「働き方改革」の本質
6月 片手で卵を簡単に割る方法!?
5月 私には1年のセールス経験が10回あるのですよ?
4月 久しぶりのベーシック・トレーニング
3月『ACT AS IF』を人生に生かす
2月 SMIやれば病気にならない!?
1月 天を畏れ、天を敬い、堂々と生きる一年に

〔平成28年〕
12月 来年のことを言うと鬼が笑う!?
11月 「鬼平犯科帳」
10月 「2日で再開して下さい!」
9月 「売れば分かる!」
8月 「ハイポ
7月 年齢の秘密
6月 負の能力
5月 星山教室
4月 「人生は邂逅である」
3月 成功は常識に支えられている
2月 現代に『学者』はいない!?
1月 品性が運命を決める!





平成30年SMI雑感へ
平成29年SMI雑感へ
平成28年 SMI雑感へ
平成27年 SMI雑感へ
平成25年・26年SMI雑感へ
平成23年・24年SMI雑感へ
平成22年以前のSMI雑感へ

◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナル(http://www.smi-japan.jp)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。


 SMI創立者 ポールJ・マイヤーへ

【お問い合わせ先】


SMIインターナショナル公認代理店

有)サクセス・ギャランティー新潟
〒950−0921 新潟市中央区京王1-2-21
tel ; 025-286-5488
fax ;025-286-1581
E-mail success8@sg-n.co.jp
URL http://www.sg-n.co.jp/