新潟県のSMI公認代理店サクセス・ギャランティー新潟のサイト

万人の成功を考えるSMI公認代理店のサクセスギャランティー新潟と新潟SMIクラブのサイト

 
ものの時代から心の時代へと言われて久しい。そして今世紀は『命の世紀』とも言われる。いま、社会に必要とされる企業は、設備投資から人財資源への投資へと舵をきっています。2011年の大震災後はこの流れは益々加速していると言われます。今まで、世の中に物は満ちあふれていましたが、多くの人は生きがいや夢・目標を失っていました。また、この震災を機会に多くの人が生きがいや働きがい、そして人生の意義を自らに問いかけています。そのような『自己認識』への思いと真のモティベーションは深く繋がっています。なぜならそうしたことを明確にした人はモティベーションが高まり、生きる意欲が湧き、潜在能力を発揮してくるようになるからです。当社は今後も、そうした点で多くの実績を残してきたSMIのアイデアを、一人でも多く知って頂き、そして一社でも多くご活用頂けるよう努力して参ります。 

SMIの創業の理念
《最高の価値ある生き方−「トータルパースン」を目指して》
 
SMI(Success Motivation Institute )は1960年にアメリカのポールJ・マイヤーによって設立されました。SMIでは国や民族を問わず、世界の誰もが豊かな潜在能力を持っている。そして、その潜在能力を活かした人生を送るために、人生六分野のバランスのとれた生き方を提唱しています。則ち家庭生活面での成功、経済職業面での成功、教養文化面での成功、社会生活面での成功、精神倫理面での成功、そして健康身体面での六つの成功です。この人生六分野をバランスよく目指す人をSMIでは最高の価値ある生き方として「トータルパースン(全人格)の人」と言います。トータル・パースンのページへ)
会社概要 SMIについて 個人情報保護 今月のSMI雑感 SMI社内塾について
SMIクライアント紹介ーNO33
 新潟県新潟市中央区
 株式会社 新潟クボタ


 新潟市中央区   株式会社 新潟クボタ    取締役副社長 早川和則氏  

  今回は我が社にとって最も長いお付き合いのクライアント、早川和則氏を改めて御紹介させて頂きます。現在、早川和則氏は400人の会社の副社長として活躍されている。また、平成元年から平成20年まで活動した新潟SMIクラブの会長として会を支え、メンバーを引っ張って下さいました。

 早川氏は要職を歴任され、多くのプロジェクト(M&Aや海外の事業展開、大規模なシステムの構築等)の中心的存在として会社を引っ張ってこられた。システムの構築においては全国のクボタグループに大きな影響を与えられた。そして65歳を過ぎた今も、全国のクボタグループが注目する、全てを一元化していくというシステムづくりのトップとして、新たな挑戦をされている。今回のプロジェクトも一般的な見方からすると、達成は不可能と言われているものだ。

 しかし、早川氏は「今まで、SMIイズムで多くのカベを乗り越えてきたんです。今回も優秀なスタッフも集まってくれたので、SMIイズムで必ず実現していきます」と力強く仰られる。今後も、そうした姿勢で多くの人に大きな影響を与え、組織を動かし、変化させ続けていくことと確信させて頂いている。
                                


【このコーナーでこれまで紹介したSMIクライアントの皆様】

1,(株)伊平板金工業所 2,(有)星山米店 3,(株)三日月化粧品店 4,(株)新潟クボタ 5,(株)長井ロングオート  6,新極真会新潟支部道場 7,フリースクール寺子屋ありがとう 8,(株)マルシン食品  9,(有)佐上商会  10,(株)阿賀・グローバル  11,(株)やま電  12,農業法人石山農産  13,(有)中条農産  14,中村スタジオ  15,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』  16,剣舞道場『峰精館」 17,小池ろうそく店  18抗酸化陶版浴『ここゆ』  19,竹内歯科クリニック   20,(株)丸菱電子 21,(株)千手   22,そば処『藪蕎麦』   23,(株)佐藤重機建設   24,新発田商業高校女子バレーボール部   25,(株)高建・高建グループ 26,コバック豊坂店・新発田店  27,山川建築事務所  28,(株)大滝自動車  29,東京自由が丘のフレンチレストラン『プティマルシェ』U 30,(有)星山米店U
★☆今月と来月のフォロー・セミナーのお知らせ

《平成30年11月の予定》
■第15期SMIビジネス塾 ◇メインテーマ「土光敏夫に学ぶリーダーシップ」 ◇11月のテーマ「人間を考える」
 ◇日時 平成30年11月20日(火) ◇会場 ホテルじょいあす 1F小会議室
■第30期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「SMIイズムはリーダーシップの鍵」
 ◇11月のテーマ「アファーメーションの威力」 ◇日時 平成30年11月18日(日) ◇会場 新潟会館1F喫茶室

《平成30年12月の予定》
■第15期ビジネス塾 ◇メインテーマ「土光敏夫に学ぶリーダーシップ」 ◇12月のテーマ 「現代のリーダーシップ」
 ◇日時 平成30年12月18日(火) ◇会場 ホテルじょいあす1F小会議室 
■第30期SMIモーニングアカデミー ◇メインテーマ「SMIイズムはリーダーシップの鍵」
 ◇12月テーマ「ビジュアリゼーションの真髄」 ◇日時 平成30年12月16日(日) ◇会場 新潟会館1F喫茶室

 ※ケースによって日時や内容等の変更がある時があります。事前に下記まで連絡下さい。

《今月のSMI雑感》


「ウサギとカメの童話」、カメの勝因は?

 SMIでは「成功とは価値ある目標を前もって設定し、段階を追って実現していくこと」と定義している。先月このSMI雑感で書いた、事を楽しむことにおいても、成功を考える上でもこの普遍性の言葉が重要な鍵となる。その鍵の一つは「価値ある目標」であり、もう一つは「段階を追って実現する」の2点だ。

 この2点を理解し実践する上で、イソップ物語の「ウサギとカメの童話」が役に立つ。それはウサギの敗因を考えるよりカメの勝因を考える時、より明解になる。そのウサギとカメの話しを、ビジネスの先輩である大阪の(株)サクセスなにわ田中得夫社長がメルマガで分かりやすく紹介していた。とても素晴らしい内容なので、田中社長より了解を得て下記に掲載させて頂くこととした。先に記したように、負けたウサギの敗因ではなくカメの勝因を考えながら読んでもらうと特に役立つものと思う。

◆下記は、鹿児島出身の落語家三遊亭歌之介師匠の体験談です。【私は普通の高校を卒業し落語の世界に入りました。林家コブ平は故林家三平(九代目林家正蔵)の長男で、いわば落語界のサラブレッドです。私はその林家コブ平と一緒に真打になりました。
 その披露の席で、マスコミは一斉にコブ平の方へ押し寄せ、私の方には見向きもしません。余りの悔しさに席を飛び出し、行先があったわけではなく来た電車に飛び乗りました。

 そこで時々声をかけてもらっている故養田実社長(ジュポン化粧品本舗・SMIクライアント)とバッタリ出合ったのです。穏やかならぬ私の顔を見て、「どうした!」と尋ねられました。
 事情を話したところ、養田社長は「ウサギとカメの童話があるだろう。ウサギはどうして、のろまなカメに負けたのか?」と言われたので、私は「ウサギはいつでも勝てると油断があったのです。人生は油断してはいけないという戒めの童話だと思います。」と答えました。すると「本当にそう思っているなら,零点の答えだ」と言って、次のような話をしてくださったのです。カメにとっては、相手はウサギでもライオンでも、なんでもよかったんだよ。なぜならカメは全く相手を見ていないんだから。カメにとって重要なことは、山頂に立っている旗、つまり自分の目標だ。それだけを見つめて歩き続けたんだ。一方のウサギの方はどうだ、絶えず相手のカメばかり気にして、大切な目標を一度も考えることをしなかったんだよ。君の人生の目標は、コブ平ではないだろう。カメのように自分の道を歩み続けることだよ」と教えてくださったのです。私は、この養田社長の一言で迷いが吹っ切れ、落語家として自分の目標に黙々と歩き続けようと決心出来たのです】

◆私達は成功を、いつも自分と他人との比較において考えますが、視野が広がれば広がるほど、自分より成功している人がいることに気付きます。自分の成功は小さなものになり、心穏やかでありません。SMIの創立者ポール・マイヤーは「成功とは、自分にとって価値ある目標を、前もって設定し、段階を追って達成していくこと」と定義しています。この道で生きると決めたら目標に向かって黙々と歩み続けることです。

◆ところでウサギとカメの話には続き?があるのです。ウサギは「もう一度レースをしたい」と言ったのです。カメは、快く応じました。今度はウサギが勝ちました。レース終了後、皆で記念写真を撮ることになりました。勝ったウサギの横でカメが笑っているのです。ウサギは不思議に思い尋ねました。「なぜ負けたのに笑っているの?」カメは答えました。「最初のレースよりもタイムが良かったからだよ」意味深い!! 敵は相手ではなく、自分です。 (※田中得夫氏著「成功の道しるべ」より)

 上記で紹介した(株)サクセスなにわ(http://www.sgp-jp.com/)の田中得夫社長は、SMIグループ内きっての理論家だ。2万人のフォロワーを持つメルマガ『成功への道しるべ』を20年以上の長きに渡って書いてきた。SMIクライアントにも一度お読み頂きたい。SMIプログラムの新たな活用法、潜在意識の奥深さや面白さを再発見されることと思う。 小杉 (2018/10/30)



   平成29年SMI雑感へ

   平成28年SMI雑感へ

   平成27年SMI雑感へ
 
《過去のSMI雑感タイトル》


〔平成30年

10月 「ウサギとカメの童話」 カメの勝因は!?
9月 「あなたは何に熱中しでいますか!」
8月 “小さな大成功者“尾畠春夫さん!
7月 SMIは2万冊の内容が収まっていますね
6月 「誰がために鐘は鳴るやと・・・」
5月 社長、私の給料は下げてください!
4月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」A
3月 「SMIは私の人生のバック・ボーン!」@
2月 「そだね〜」がチームを活性化する
1月 「仕事?−はい大好きです」


〔平成29年〕
12月 今年も届いた素敵なクリスマスカード
11月 「リコール」の手紙
10月 いつも勝つのは亀なのです!
9月 子供たちの夢を磨いているのや!
8月 ドラッカーのリトマス試験紙
 
7月 「働き方改革」の本質
6月 片手で卵を簡単に割る方法!?
5月 私には1年のセールス経験が10回あるのですよ?
4月 久しぶりのベーシック・トレーニング
3月『ACT AS IF』を人生に生かす
2月 SMIやれば病気にならない!?
1月 天を畏れ、天を敬い、堂々と生きる一年に


〔平成28年〕
12月 来年のことを言うと鬼が笑う!?
11月 「鬼平犯科帳」
10月 「2日で再開して下さい!」
9月 「売れば分かる!」
8月 「ハイポ
7月 年齢の秘密
6月 負の能力
5月 星山教室
4月 「人生は邂逅である」
3月 成功は常識に支えられている
2月 現代に『学者』はいない!?
1月 品性が運命を決める!


〔平成27年〕
12月 「間を置いた反復」SMIの特許です!?
11月 仕事の報酬は仕事である
10月 『覚悟』が結果を決める!

9月 1+1=1000 !?
8月 Iam a special person
7月 「本好き」の悩み
6月 与え続ける人
5月 人類を救う力?それは想像力だ!
4月 『古典』としてのSMIプログラムU
3月 『生活力』こそが能力発揮の土台
2月 『古典』としてのSMIプログラム
1月 SMI日本上陸50周年



〔平成26年〕
12月 パーソナル・ミッションステートメントのすす
11月 「沈黙」と潜在能

10月 「分かりやすくし過ぎる」ことの弊害
 多様性ある組織が生き残る
8月 健康やお金がなくても生きていける。しかし勇気がないと・・
7月 自己啓発=独学の進め

月 「一・現・肯・楽
月 本物と偽物どちらがよいか・・・
月 現代の問題は人間が考えなくなっていることだ 
3月 勝利者は「しがみつく」生き方の人だ
2月 レジェンド葛西に思ったこと
1月 あなたの運命を支配するのは誰か?


平成25年・26年SMI雑感へ

平成23年・24年SMI雑感へ

平成22年以前のSMI雑感へ

◇SMIとは

 SMIはサクセス・モティベーション・インスティチュートの略で、本部はアメリカのテキサス州ウエイコ市に1960年にポール・J・マイヤーによって創立され、目標に向って行動する人間の心"モティベーション"に関する多くのプログラムを開発、 24ヶ国語に翻訳され、80余ヶ国で活用されている、世界最大の能力開発組織です。

 SMIプログラムは、半世紀に亘り歴史と言語、習慣、宗教、文化、人種等を乗り越え、 世界規模で多くの成功者を輩出し、日本でも多くの事業家、ビジネスマン、医者、弁護士、教育者、 スポーツ選手、主婦、行政府に至るまで広範囲な方々に活用され、あらゆる分野に実績を持っています。

 現在日本ではSMIインターナショナル(http://www.smi-japan.jp)を総代理店として、全国主要都市を中心に62社の公認代理店があり、地域の発展に貢献しています。



ポールJ・マイヤーへ




SMIインターナショナル公認代理店

(有)サクセス・ギャランティー新潟
〒950−0921 新潟市中央区京王1-2-21
tel ; 025-286-5488
fax ;025-286-1581
E-mail success8@sg-n.co.jp
URL http://www.sg-n.co.jp/